→DSP(Demand Side Platform)とは?

まとまる

複数のアドネットワークの入札をまとめて一元管理

従来のマス/WEB広告のように「時間や場所を買う」形での取引ではなく、オーディエンス単位での買い付けを実現する、広告本来の理想を実現させていくような仕組みです。

  • 広告主が使用する、広告在庫の買い付け、広告配信、掲載面・オーディエンスのターゲティング等を一括して行うことが出来るプラットフォーム
  • 複数のSSP(Supply Side Platform)やアドネットワークとRTB(Real Time Bidding)接続し、豊富な在庫量の中から、広告主の求める在庫を必要な時に必要な分を確保することが可能
  • 第三者から購入したデータをもとに、広告主のマーケティング目標に応じてカスタマイズしたオーディエンスターゲティングが可能
DSP(Demand Side Platform)とは?イメージ

※SSP(Supply Side Platform)とは
オンライン広告において、媒体社の広告枠販売や広告収益の最大化などを支援するツール。媒体社側がアドネットワークの一元管理を行い、インプレッションが発生するごとにRTBで最適な広告を自動的に選択肢、収益性の向上を図る。

TOP