→自動学習機会豊富なアクセストレードDSPで入札精度のUP

学習効率がいい

豊富な学習機会で入札精度UP

オーディエンス情報は逐次サーバに蓄積されるため、ネットワークしているメディアが多いほどシステムの学習機会が増え入札精度が高まります。

  • アクセストレードDSPにてネットワークをしている広告枠にユーザーが訪れた際、メディア・SSP側からアクセストレードDSPのシステムにオーディエンス情報(サイト内閲覧ログ・流入KW・リファラー etc…)が送信され、その情報を元に入札是非の判断・入札価格の決定をDSP側で自動処理します。
シナリオ配信によるオーディエンスの育成イメージ
TOP