1. 転職マニア
  2. 企業
  3. 日本マイクロソフトへ転職するために最も有効な手段とその活用法を紹介します

日本マイクロソフトへ転職するために最も有効な手段とその活用法を紹介します

企業   27 Views
IT最大手企業といえばやはりマイクロソフトです。マイクロソフトのソフトウェアのおかげでパソコンが一般消費者にとって身近な物となり、企業の業務の効率化に大きく貢献しました。

インターネットもマイククロソフトの存在がなければここまで浸透しなかったでしょう。GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)も産まれなかったかもしれません。

マイクロソフトは現在も新たなサービスを継続的にリリースし、時価総額ランキングでは常にトップを争っています。世界的な企業であるマイクロソフトの日本法人(日本マイクロソフト)で働きたい、という人は多く新卒、中途ともに人気企業に挙げられています。

日本マイクロソフトは常に優秀な人材を募集している採用意欲の高い企業ですが、転職難易度は非常に高いと言えます。しかし日本マイクロソフトへの転職の可能性を高める方法はあります。それは「転職エージェントを上手く利用する」ことです。

日本マイクロソフトへの転職活動にはなぜ転職エージェントが必要なのか、その理由と具体的な利用法、現在の状況などを紹介します。

日本マイクロソフトの現状、労働環境

まず、現在のマイクロソフトの状況や社員はどのような環境で勤務しているのかを紹介します。

マイクロソフトとは?改めてその功績を紹介

皆さんご存知のマイクロソフトは1975年にビル・ゲイツとポール・アレンが創業した企業です。元々はインタプリタを販売していましたが80年代に入りOSの開発を手がけWindowsを発売、1995年に発売された「Windows95」で一気にその名を知らしめました。

Windowsは現在も世界トップシェアのOSであり、その他にもMicrosoft Officeなど世界トップシェアのソフトウェアも開発、販売しています。2019年には史上3番目の時価総額1兆ドル突破を記録しました。

日本法人である日本マイクロソフト株式会社の設立は1986年、現在(2019年12月時点)の規模は資本金4億9950万円、従業員数は2,280名です。

日本マイクロソフトの労働環境

日本マイクロソフトの労働環境について紹介します。まず給与について、社員の給与に関する公式な資料はありませんが、外資系IT企業としては平均的な金額です。職種や実績によって給与額に大きく差がでますが、20代後半で500~700万円、30代前半で600~900万円、30代後半で800~1200万円、40代で1000万円~、というイメージでしょうか。

日本マイクロソフトの給与水準は高いものの完全に実力主義の評価制度で社員は実績のみで判断されます。業績次第では解雇されることもあります。

ポジティブな評価
社風について、口コミサイトの声からは、日本マイクロソフトは典型的な外資系企業で、「開放的」「多種多様な文化を受け入れる」「個人の裁量の幅が広い」「主体性を持って業務に取り組める」であることがわかります。

また、日本マイクロソフトの社員はフリーアドレスでどこでも業務が可能なので、コアタイムのないフレックスタイム、在宅勤務などを積極的に利用している社員が多いようです。休暇も取りやすく、非常にワークライフバランスがよい企業と言えるでしょう。

日本マイクロソフトに転職するためには?

日本マイクロソフトへ転職するための方法を紹介します。まずは中途採用の募集ポジションについて解説
します。

日本マイクロソフトの中途採用状況

日本マイクロソフトでは、2019年12月の時点で、事業企画、サポート業務、マーケティング、管理部門、ITエンジニア、営業など幅広いポジションでキャリア採用を行っています。

日本マイクロソフトの求める人材とは?

日本マイクロソフトが求める人材は、すばり「即戦力で貢献できる人材」です。

具体的には、営業やマーケティングであれば短期間で売上をあげ企業に貢献できるような人材を、管理部門であればその分野のスペシャリストを、エンジニアであれば技術力、提案力、プロジェクトマネジメントできるような人材を、サポートスタッフであればいかにマイクロソフト製品に精通している人材を求めています。

エンジニアの採用ターゲットについて補足します。マイクロソフトはいわゆる「PC向けソフトウェア」だけではなく、クラウド製品やデータセンター向け製品、ハードウェア、セキュリティ、ゲームなど様々なプロダクトに力を入れています。

ソフトウェア関連の実務経験者だけではなく、IT業界での優秀な人材がいれば積極的に採用しています。ソフトウェアの経験がなくても転職できる可能性はあります。

日本マイクロソフトには様々な国籍の社員が勤務し、海外拠点とのコミュニケーションも発生します。ビジネス英語力はあったほうがよいでしょう。

日本マイクロソフトの選考フロー

日本マイクロソフトの中途採用の選考フローは、書類選考、適性検査(SPI)、面接数回で内定、となります。日本マイクロソフトでは一日で複数名の社員と面接する、というパターンの面接もあります。選考では多角的に応募者を判断しよう、という姿勢であることが理解できます。

なぜ日本マイクロソフトへの転職には転職エージェントが有効なのか?

日本マイクロソフトへの転職を希望するのであれば転職エージェントの利用は必要不可欠です。その理由を解説します。

日本マイクロソフトは転職エージェントを活用して採用している

日本マイクロソフトは様々な手法で採用活動を行っており、採用手法のひとつである転職エージェントを積極的に利用しています。日本マイクロソフトのみならず外資系IT企業は一次面接までのプロセスを転職エージェントにアウトソーシングしている、と考え方です。

採用手段が増えることに伴い応募者数が増えることに加え、自社HPや求人サイト経由の応募者より、転職エージェント経由の応募者のほうが、転職エージェントが間に入ることにより対象に近い応募者を確保できるからです。

転職エージェントに登録すれば日本マイクロソフトの求人に出会える可能性は高いのでぜひ登録してください。

日本マイクロソフト向けの選考対策をしてくれる

転職エージェント経由で応募すればエージェントも選考通過に協力してくれます。転職エージェントは「自社の登録者を求人企業に紹介し、入社したら手数料を受け取る」というビジネスだからです。転職エージェントが登録者を企業に紹介する際は、選考を有利に進めるために選考に関する様々な情報を収集します。

応募書類をどのように作成すれば通過率が高くなるのか、面接官情報や面接の傾向などを情報収集してくれるでしょう。

日本マイクロソフトと交渉してくれる

中途採用の選考が進むと企業との交渉事が発生します。

例えば面接日の調整、内定後の条件面の交渉、入社日の調整などです。もし企業HPや転職サイト経由での直接応募であれば交渉事が発生しても自身の希望を伝えることが難しいのですが、転職エージェント経由であれば応募者の希望を考慮した上で企業と交渉してくれます。場合によっては有利に選考を進めてくれるでしょう。

日本マイクロソフトへ転職するためにおすすめの転職エージェントと転職サイト

幅広く転職エージェントを利用し採用活動を行っている日本マイクロソフト。その中で「マイクロソフトに転職にするために」有効な転職エージェント、転職サイトを紹介します。

おすすめの転職エージェント

日本マイクロソフトは複数の転職エージェントに求人を依頼していますが、多くの候補者を確保するために業界大手のエージェントには必ず募集を依頼しています。

例えばリクルートエージェント(https://www.r-agent.com/)、パーソルキャリア(https://doda.jp/)、パソナキャリア(https://www.pasonacareer.jp/)といった転職エージェントです。この3社は外せません。

次に外資系に強いエージェントもおすすめです。例えばジェイエイシーリクルートメント(http://www.jac-recruitment.jp/)、type転職エージェント(https://type.career-agent.jp/)などです。

おすすめの転職サイト

最後におすすめの転職サイトを紹介します。現在、数多くの転職サイトが存在しますが、「日本マイクロソフトへの転職」という観点で考えると「ヘッドハンターからのスカウトを受けられるサービスがある転職サイト」への登録をおすすめします。日本マイクロソフトは数多くの優秀なヘッドハンターにも求人を依頼しています。

ヘッドハンターからのスカウトを受けられるハイクラス向けの転職サイトに登録すれば、日本マイクロソフトとのコネクションを持つヘッドハンターと出会えることができるでしょう。

具体的には、ビズリーチ(https://www.bizreach.jp/)、キャリアカーバー(https://careercarver.jp/)がおすすめです。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アマゾンジャパンへ転職するには?転職を成功させるためのポイントを伝授

  • ZOZO(旧:スタートトゥデイ)に転職するには?今後の展望も含め解説します

  • 資生堂に転職するためには?特徴と転職成功ポイント

  • サントリーホールディングスに転職するための必勝法を伝授します

  • ヤフーに転職するためには?特徴と転職成功ポイント

  • トヨタ自動車に転職するためには?特徴と転職成功ポイント