1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 20代の転職
  4. 20代の転職は辞めてからやるべき?メリットデメリットを解説

20代の転職は辞めてからやるべき?メリットデメリットを解説

 2019/05/08 20代の転職   328 Views

20代転職者で今勤めている企業を辞めてから転職するべきなのか、それとも辞める前に転職活動したら良いのか悩んでいる方は多いのではないのでしょうか。

企業を辞めてからからだと収入が得られませんし、働きながらだと転職活動に時間を取られて自分の時間が作れなくなります。果たして転職活動は勤めている企業を辞めてからすべきなのか、辞める前からやるべきなのでしょうか。

この記事では双方のメリットデメリットを解説しています。自分に合った方法を見つけて、効率良く転職を成功させましょう。転職は辞めてからやった方が良いのか、辞める前にやった方が良いのか迷っている20代転職者が多い

この記事では辞めてから転職するのと、辞める前に転職することのメリットデメリット、実体験談、辞めてからでもスムーズに転職できる方法を紹介

20代の転職は辞める前か辞めてからか

20代の転職は勤めている企業を辞める前にやった方が良いのか、それとも企業を辞めてから行った方が良いのでしょうか。

辞めてからでも転職はできる

勤めている企業をやめてからでも、転職サイトやハローワークを利用すれば転職することは十分に可能です。企業を辞めてから転職活動を行うと、時間をかけて転職活動を行うことができるため、自分が転職したい企業をしっかり見極めることができます。

時間をかけて企業をリサーチすれば、それだけ定着できる企業に転職できる可能性が高まるので、転職の際は転職先のリサーチを徹底的に行うようにしましょう。

企業を辞めてからの転職は不安定

転職はすぐにできるとは限りません。企業を辞めてから転職活動を行うと、収入が無いまま転職活動を続けなくてはならないため、生活が不安定になる恐れがあります。

ハローワークでの転職活動や、企業へ面接へ行く際などには交通費もかかりますし、転職活動もタダでできるわけではありません。そのため、転職が長引くと生活にも悪影響が出る恐れがあるのです。

ただ転職のコツを上手に使って転職活動を行えば、より効率良く転職活動を進めることができ、早く新しい企業に転職できます。詳しくは後の項目で解説しているので、そちらもぜひご一読ください。

企業を辞める前だと時間が取れない可能性も

企業に所属しながら転職活動を行うと、少ない時間の中で転職活動を進めなくてはなりません。ハローワークに行って転職先を決めるのも、履歴書や面接の準備をするのも時間がかかるものです。

少ない時間で転職活動をしなくてはいけないので、自分の時間が持てなくなることを考慮しておきましょう。ただ収入面では問題ないため、生活が苦しくなる心配はありません。

企業を辞める前に転職するときは、少ない時間を有効活用して、効率良く転職することを心掛けてみてください。

辞めてから転職先を探す場合、生活資金はどう工面すれば良い?

企業を辞めてから転職活動を行う場合、どうやって生活資金を工面するのが良いのでしょうか。もちろん貯金を切り崩すのも手段の1つですが、将来のことも考えると貯金は使わないに越したことはありませんよね。

そうなるとやはり短期や日雇いのアルバイト、もしくは生活の中で節約をして生活費を抑えるのがすぐに生活資金を捻出できる方法となるでしょう。また会社をを退職後、7日間以内に失業保険を申請すれば、退職後に働いていなくてもお金を受け取ることができます。 ただし企業に勤めて保険に加入してから1年以上経っていないと受け取ることができません。転職後、1年以内に企業を辞めた方は失業保険を貰えないので注意が必要です。 さらに最近ではインターネット上で仕事に応募し、パソコンやスマホさえあればお金が稼げる時代になりました。仕事にもよりますが、自分の好きな時間にお金を稼げる仕事が多く、転職活動の隙間時間に好きなだけ仕事ができるメリットがあります。

このように転職先が決まるまで生活資金を工面する方法は様々あるので、自分のスタイルに合った方法を選んで実行すると良いでしょう。

仕事を辞めてから転職した方の実体験

次は実際に仕事を辞めてから転職を成功させた方の実体験を見てみたいと思います。

24歳男性の場合

Aさん
「休みも無く、残業で自分が作れないことに嫌気がさしたので、もっと時間が作れる仕事に就きたいと思いました。もちろん転職活動をする時間も無かったので、勤めていた会社を辞めてから転職活動をすることに。

転職活動中はイベントの設営みたいな短期のアルバイトでお金を稼ぎながら転職先を探しました。時間にゆとりがあったし、前の企業みたいな自分の時間がとれない仕事は嫌だったので、ちゃんと会社のことを調べてから転職先を決めるようにしました。

自分でリサーチして納得できる会社に転職し、今は自分の時間も作れるし、給料もそれなりに貰えてるから満足してます。」

そもそも転職活動をする時間も無いくらい働かされている方も居ます。そういった方が転職活動をするには、やむを得ず企業を辞めざるを得ない場合もあるでしょう。

転職活動は企業を辞めてからでも十分できるので、職場環境などを判断して辞めるか辞めないかを判断してください。

28歳女性の場合

Bさん
「出産のときに産休をとるとらないで会社と揉めて、育休をとらせてもらえるか不安だったので仕事をやめたんです。

育児をしながらの転職活動だったので最初は不安でしたが、今はネットでも求人が見れるので、家でも手軽に転職活動できたのが助かりました。

子育てや家事で仕事を辞めてもあんまり時間がとれなかったので、私と同じママさんで転職先を探す人は仕事を辞めてから探した方が良いと思います。」

この方もおっしゃっているように、子育てや家事と仕事をしていると転職活動に割く時間がなくなってしまいます。子育てと転職活動を両立する場合は、企業を辞めてから転職活動をした方が、定着できる企業に転職しやすくなるでしょう。

仕事を辞める前に転職した方の実体験

今度は仕事を辞める前に転職活動をした方の体験談を見てみましょう。

27歳男性の場合

Cさん
「キャリアのステップアップを目指して、今の会社より良い会社に行こうと思ったのが転職を志したきっかけです。

前の会社に勤めながら転職しましたが、独身で時間もあったし、転職か必ず成功するという自信も無かったので、働きながらの転職で正解だと今でも思っています。

今の仕事の経験をアピールして転職活動したら、今よりもいい会社にちゃんと入社できて、仕事にもやりがいを持てているので、自分の中では転職大成功です。」

独身の方であれば、仕事をしながら転職活動にある程度時間をに割くこともできるでしょう。アピールできるがキャリアがあるのであれば、転職活動も比較的早めに終わらせることもできます。

コツをしっかり把握して、スムーズな転職活動を意識すると、仕事をしながらでも安定した転職活動ができるかと思います。

23歳女性の場合

Dさん
「もともと事務の仕事をしていたのですが、登録販売者の資格が欲しかったので、その勉強をしながら働いていました。

試験を受けて無事登録販売者の資格をとり、新しいお仕事を探して色々求人を探して、登録販売者の資格が活きる仕事で働いています。

元々勉強に使っていた時間を転職活動にあてたので、働きながら仕事を見つけるのにあんまり苦は感じませんでした。」

20代だと仕事をしながら資格やスキルを磨いて、新たな仕事に挑戦する時間も十分あります。元々勉強時間として使っていた時間を転職活動にまわせば、取得した資格をすぐに活かすことができます。

働きながら転職活動をする方は、上手に時間を利用して活用できるようにしてください。

辞めてからでも成功できる転職のコツ

仕事を辞めてから転職活動をすると、どうしても仕事をしていない不安が拭えないという方もいるかと思います。そこでここからは、仕事を辞めてから転職活動をする方でも、しっかり転職を成功させる方法をご紹介します。

今までの経験で得たスキルとキャリアを武器にする

今までの実績は転職活動において大きな武器となります。転職と言えば学歴が高い方有利というイメージがありますが、新卒ならまだしも、転職だと学歴より経歴の方が重視されることを覚えておくと良いでしょう。

スキルやキャリアを前面に押し出すことで、企業も転職者を育成するコストを省くことができるため、双方にとってメリットがあることをアピールすることができます。

ですので、自分が持っているスキルやキャリアを積極的に押し出して、転職活動を円滑に進めていきましょう。

転職に役立つ資格を取得する

20代であれば、資格を取得して転職を目指すことも可能です。

事務職なら簿記やMOS、介護職なら介護士など仕事に合った資格を取得しておくことで、転職でそのスキルがあるというアピールができます。また資格取得は給与のアップにもつながります。

企業によっては資格取得者を優遇しているところもあり、転職するだけで年収がアップする可能性もあるのです。

未経験でも採用される職種を目指す

関連スキルを持っていない未経験の企業でも、転職できるチャンスはあります。

例えば営業職や事務職のような多くの企業で必要となる仕事。これらは未経験の企業の第一歩として多くの企業が人材を募集しています。

知識とスキルが必要になるので、働きながらスキルを磨くことができますし、キャリアを形成することで行きたい部署に配属されたり、転職で経験をアピールすることも可能です。

最初からお目当ての仕事を狙うのではなく、キャリア形成のために営業職などの職種を狙うのも上手な転職法と言えるでしょう。

転職サイトを利用する

転職サイトはインターネットさえ利用できれば、時間もお金もかけずに利用することができる転職支援サービスです。基本的に登録料は無料で、家でも簡単に転職活動ができるため、時間もお金も節約できます。

さらに履歴書の書き方や面接の受け方、転職を希望する企業のリサーチも行ってくれて、転職者が理想の企業に転職するための手助けも随時行ってくれます。

自分の転職活動のやり方に合った転職サイトを見つけるなら、こちらの記事を参考にしてみるのもおすすめです。

まとめ

転職活動は今勤めている企業を辞めてからでも、辞める前でもメリットとデメリットはあります。仕事を辞めてからだと時間があるので企業のリサーチなどに時間を割けるものの、生活費を工面する必要があります。そして辞める前だと時間が限られますが、生活に困ることは無く、転職時に強いアピールをすることができるでしょう。

勤めている企業の状況や自分の生活スタイルによってやりやすい方法は変わってきます。自分に合った転職法をチョイスして、充実した社会人生活を手に入れてください。

今勤めている仕事を辞める前でも、辞めてからでもメリットデメリットはある。自分の不安や合った方法をしっかり見極めて上手に転職を成功させよう

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 大企業でも良いとは限らない!後悔しないための転職法とは

  • 20代後半で2回目でもスムーズに転職する方法

  • 20代の転職におすすめの業種とは?転職から働きやすい業種を解説

  • 高卒の20代転職者が転職をより成功させる方法

  • 20代女性の転職先を年代別に比較!成功する転職先を選ぶ方法とは

  • 20代が転職する理由とは?面接で有利な転職理由で仕事を勝ち取ろう