1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 20代の転職
  4. 20代女性の転職先を年代別に比較!成功する転職先を選ぶ方法とは

20代女性の転職先を年代別に比較!成功する転職先を選ぶ方法とは

20代の転職   402 Views

20代女性で転職を成功させたい方は多いかと思います。しかし同じ20代でも、20代前半と20代後半では転職で気を付けてはならないポイントが変わってきます。

逆に言えば、年齢に合ったポイントを意識して転職を行えば、どんな年齢の方でも転職を成功させることができます。

今回は20代女性が転職を成功させるために必要なポイントをご紹介します。

20代女性転職者の悩み

20代女性転職者はどういった悩みを抱えているのでしょうか。悩みの原因を見つめ、解決策を見つけていきましょう。

20代前半女性の悩み

20代前半女性の悩みとして多いのがどういった仕事を行えば、より多くの給料をもらい、かつ休みも取れるのかということです。20代前半だと求人票に書かれている給与や待遇だけを見て転職先を決めてしまう方が多くいます。

しかしそれだけだと転職した後に思っていた給与や待遇を与えられず、思っていた企業と違うと感じてしまいがちです。そのせいで転職を繰り返してしまう方が増えています。

転職を繰り返すと面接官にも転職を繰り返していることを突かれ、転職しづらくなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。ですので、転職前のリサーチを怠らないようにし、給与や待遇だけを見て転職先をすぐに決めないように気を付けましょう。

20代後半女性の悩み

20代後半になると、結婚や出産を視野に入れながら仕事をしなくてはいけません。企業によっては産休や育休を極限まで減らしたり、仕事復帰したら冷遇するという企業も存在しています。

こういった企業を避けるには、やはり企業に関するリサーチを欠かさないようにするのが大切となります。

また、年齢を重ねれば重ねるほどスキルも何もない未経験で転職できる企業が少なくなってきます。前職で獲得したスキルや学んで得た資格を武器に転職活動を進めてみると、より選択肢が増えるのではないのでしょうか。

20代女性が転職でおさえるべきポイント

では20代女性が転職でおさえるべきポイントとは何なのでしょうか。具体的に解説していきます。

企業へのリサーチを怠らない

転職中、特に無職の時に転職活動を行っていると、すぐにお金を貯めなくてはいけないという焦りから、求人情報だけを見て転職先を決めてしまいがちです。

ですが求人情報だけでは職場環境や人間関係は見えてこないため、実際に働き始めると給与は問題ないものの、残業が多い、パワハラなど人間関係に問題があるといったブラック企業に転職してしまう恐れがあります。

こういった事態を防ぐためには、企業へのリサーチを徹底することが重要です。求人に載っていない企業の情報は口コミサイトや転職サイトを利用することでリサーチすることができます。

特に転職サイトからもたらされる企業情報は信憑性が高く、転職先を決める際の大きな判断材料となります。

転職サイトのメリット、おすすめの転職エージェントについてはこちらの記事で解説していますので、参考にしてみてください。

時間が作れる企業

女性は男性と違ってメイクなどの準備を朝の少ない時間でこなさなくてはなりません。残業が多く帰宅してもすぐに就寝しなくてはないけないという繰り返しでは自分の時間を持てず、徐々にストレスが蓄積してしまいます。

近年ではこういった事態を防ぐために時間にゆとりを持てる施策を行っている企業も増えてきています。

ポジティブな評価
例えばフレックスタイム制という制度。これは必ず働かなくてはならないコアタイムと最低就業時間を満たしていれば、出退勤の時間を自由に設定して良い制度です。フレックスタイム制があれば朝の時間にある程度余裕を持たせれば、準備にも余裕を持つことができます。

このように時間を作れるように配慮した企業を選び、転職を狙っていくのも良いでしょう。

女性が多い職場

男女比がほぼ同じ、もしくは男性比率が高い職場は苦手という方も居るかと思います。同じ企業でも職種によって女性比率が高い場所もあるため、女性が多い方が安心できるという方は女性比率が多いとされている企業や職種への転職を心掛けてみましょう。

例えば営業職は男性比率が高いですが、事務職やコールセンター、キャリアを重ねたい方ならマーケティング業などは比較的女性比率が高く人気がある傾向にあります。

また医療福祉業、アパレル、美容系も女性人気、比率ともに高い業種となっています。これらの仕事を中心に資格の獲得やキャリアの形成をしつつ転職活動を行ってみるのも1つの手段です。

男尊女卑のない企業

企業の中には男性をより高く評価し、女性の活躍を認めないという考え方を持つ管理職がいる企業もあります。現在では女性も積み重ねたキャリアを活かして活躍していく時代ですので、こういった考えを持つ人の下ではなるべく働きたくないかと思います。

転職サイトで情報収集することもできますが、自分でもチェックできる情報として上層部に男性が多いかどうかというものがあります。上層部の男性比率が高いということは、それだけ男性の評価が高いということになります。

もちろん企業内の男性比率が高いだけということもあるので一概に鵜呑みにはできませんが、判断材料の1つにはなります。

こういった点も事前の企業リサーチで得られる情報ですので、徹底的なリサーチの上で転職先を決めるようにしましょう。

20代前半女性が転職で意識すること

ここからは世代別に分けて意識するべきポイントをご紹介します。まずは20代前半の女性の意識するべき点から見てみましょう。

長期的なキャリア形成を見据える

とりあえずお金が稼げればそれで良い、という理由だけで転職先を探し、転職を繰り返している方も居るかもしれません。

現在の日本では長く働くことによって給与も高くなり、年齢を重ねて転職することになっても、長いキャリアで得られた経験とスキルを重点的に評価される傾向にあります。

加えて企業側は転職者を迎え入れるのにお金や時間を使っているため、すぐにやめられるのは困ります。ですので転職を繰り返していると「入社してもすぐにやめてしまうのでは」と面接官の心証を悪くする恐れがあります。

このように入社してもすぐに辞めて転職を繰り返す…という行為は年齢を重ねるごとに自分の首を絞めていくこととなるのです。

それならば最初から自分がやりたいことをしっかり見つめ、徹底的に企業をリサーチして長期的にキャリア形成できる企業を探した方が将来性も見込めます。

目の前の給与や待遇だけを見るのではなく、将来の人生設計を豊かにするためにも、長く働ける企業を探すようにしましょう。

スキルが必要な業種にチャレンジするのもアリ

20代前半であれば、未経験からスキルを習得し、30代以降も習得したスキルで活躍できる可能性も十分あります。ですので前職のスキルが活きない未経験の業種に飛び込むのも1つの手です。

転職の際に未経験の業種も選択肢に加えれば、求人の選択肢も増えるのでそれだけ転職も成功しやすくなります。

また働きながら勉強して資格を獲得し、それを転職に活かすこともできます。経験が無くても資格さえあれば採用される可能性が高いのは若さの特権です。ですのでその特権を活かした転職活動を行っていくのも良いでしょう。

20代後半女性が転職で意識すること

続いて20代後半女性の意識するべきポイントを解説いたします。

今までのスキルを発揮できる職種を選ぶ

20代後半になると、自分が今まで獲得したスキルを活かして転職活動を行うのが成功の秘訣です。必ずしも未経験の業種へ転職できないという訳ではありませんが、同じ企業を志望している未経験で自分よりも若い転職者がいた場合、採用されやすいのは若い転職者です。

日本では年齢が若い方が育成に時間をかけた分、長い間働いてもらうことで見返りが大きくなるという点が重視される場合が多々あります。そのためどうしても未経験だと若い転職者の方が有利になりがちです。

年齢を重ねた方が転職を有利に進めるためには、若い方にはない経験を武器にするしかありません。今まで培ってきた経験や、そこから得たスキルを武器にすることで転職を有利に進めることができます。

ただ自分の経験を上手く応用すれば、未経験の企業でも有利になる可能性はあります。

自分の持っているスキルはどういったものなのか、別の使い方で役立てることはできないかと見つめなおし、うまく転職活動に落とし込むことで理想の企業に転職することも夢ではありません。

結婚や出産、育児の計画はできるだけ鮮明に計画する

20代後半になると結婚や出産と仕事の両立が課題になってくるかと思います。企業側も結婚や妊娠、育児の問題は仕方ないこととは言え、懸念事項になりかねないのが本音です。

産休や育休中でも企業側は手当を出さなくてはなりませんが、その間人員は1人少ないまま会社を回さなくてはなりません。入社してすぐに休まれると育成期間が伸びるだけであり、せっかく復帰しても1から仕事を教えなくてはならない負担が掛かります。

こういった懸念事項を考慮して、結婚や出産が近い女性を敬遠する企業も存在しています。もちろん事前のリサーチでそういう企業を選択肢から外すことも重要ですが、転職者が今後の結婚や出産、育児に関する計画が不鮮明だと企業も不安になります。

ですので転職前にある程度結婚や出産の計画は立てておき、事前に企業に説明して理解してもらうようにしましょう。そうすれば企業もそれを見越した上で採用し、お互いに安心感を持って仕事することができます。

企業側が転職者に対して抱える不安も理解し、事前に説明することで採用される確率もアップします。特に20代後半の女性転職者の場合は結婚や出産が該当するので、しっかりと結婚や出産の計画を鮮明にして、企業側の不安を払拭するようにしましょう。

まとめ

単に20代女性とひとまとめにしても、世代によって考慮しなくてはいけないポイントは変わってきます。

20代前半であれば 長期的なキャリアを見据えること、未経験の業種も選択肢に入れること 。20代後半であれば今までの経験を活かせる求人を見定めること、結婚や出産の計画を鮮明にしておくことが大切です。

年齢によって柔軟に対応することで、どんな年代の方でも転職を成功させることができるので、今回紹介したポイントを意識して転職活動を行っていただければ幸いです。

自分に合った転職活動をチョイスし、安定したキャリアライフを送りましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 20代は転職者の割合が高い?企業に定着できる方法を解説

  • 20代が転職する理由とは?面接で有利な転職理由で仕事を勝ち取ろう

  • 20代転職回数が多めの人でも、面接で印象を良くする方法

  • 20代で転職を失敗しないためには?成功させる4つのポイント

  • 20代が転職回数が多いと不利になる?転職を成功させる5つのポイント

  • 転職で年収600万への道!20代でも実現可能な仕事とは?