1. 転職マニア
  2. 転職サイト
  3. 転職サイトおすすめ
  4. ハイクラス転職に向いたエージェントとは?人気ランキングからチェック

ハイクラス転職に向いたエージェントとは?人気ランキングからチェック

 2018/01/23 転職サイトおすすめ   1,669 Views
ハイクラス転職エージェント人気ランキング

ハイクラス転職に挑戦したいという方も多いかと思います。

ただ普通の転職よりも難易度の高いハイクラス転職に挑むのであれば、転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

今回はそんな転職エージェントをランキング形式で紹介するとともに、ハイクラス転職のポイントなどを解説します。

ハイクラス転職ならエージェントはどう選ぶ?

ハイクラス転職の定義は、意外と一貫していません。年収800万円以上、年収1,000万円以上、部長クラス、ジェネラルマネージャー、シニアマネージャーなどがハイクラス求人として掲載されていることが多いです。

そして、必ずしも応募の時点で要件に該当している必要がない場合もあります。たとえば現在年収は700万円だけれど、1,000万円クラスの求人に応募できる可能性もあるということです。

ハイクラス転職の定義とは何か

ハイクラス転職での求人サイトを見ていると、「非公開求人」という言葉に出会います。求人はたくさんの求職者の目に留まったほうがよいと考えられますが、それではどんな人材が応募してくるのかわかりません。

ハイクラス求人の場合は特に、募集をかけている人材はピンポイントで条件が決まっていることが多いのです。条件とかけ離れた応募者を、ふるいにかける時間がもったいないと考える企業は少なくありません。

ハイクラス転職をするならエージェントを利用するのがおすすめ

そこで、先にある程度えらばれた人材だけが書類選考や面接へと進めるようにしているのがハイクラス転職向けの転職エージェントです。

転職エージェントのキャリアアドバイザー(カウンセラー)は、先に採用担当者にしっかりとヒアリングし、どんな人材が本当に求められているのかを知っています。マッチングすると判断した応募者に案件を紹介するのです。

非公開求人や、独自の求人を多数有することから考えても、ハイクラス転職を目指す方は、エージェントへの登録と利用が必須といえるでしょう。エージェントではその時紹介できる案件がなくても、経歴などからピッタリな求人が出てくれば即座に連絡が入ることも多々あります。積極的なスカウトが行われているのも、ハイクラス求人ならではです。

また現在ハイクラス、エグゼクティブな方は、今の仕事で多忙でしょう。転職活動での面接などの時間調整も簡単ではありません。この点もエージェント経由なら、都合の良い時間に今の勤務に影響なく転職活動が可能です。

ハイクラス転職エージェント人気ランキング

ここではハイクラス転職向けの転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

1位 ビズリーチ

管理職やグローバル人材に向けたエグゼクティブな案件を特徴とするエージェントです。2,000名以上のヘッドハンターが在籍しており、非公開求人も豊富なのが大きな特徴でしょう。

登録自体は無料なのですが、応募やヘッドハンターの評価閲覧など一部の機能は有料となっています。

40代男性・事業統括マネジャー
「企画マーケティングに入社以来関わってきました。大変やりがいのある仕事でしたが、このままずっと同じ仕事をしていていいのだろうかと疑問を抱いてしまったのです。

エージェントには自分の市場価値を確かめたいと思い登録しました。登録とほぼ同時に数十本のスカウトメールが入り驚いたものです。ヘッドハンターとの面談は、キャリアパスを見つめなおす良い機会となりました。

最終的に経験を活かしつつよりオールラウンドな職種へとステップアップできました。」

30代男性・事業企画部長
「最初ビズリーチは有料サービスもあるので、登録を迷いました。無料のエージェントにも登録していたので、少し利用してみてからよければ有料サービスに切り替えようと思いました。

実際に登録してみるとやはり独自案件や非公開求人も充実しています。スカウトメールを送ってくれたヘッドハンターと直接会ってみて、転職への決意を固めることができました。

サポートのレベルも高く、エグゼクティブ求人が豊富なエージェントに登録してよかったと実感しています。

転職活動期間をきっちりと区切って、その間は有料会員として利用するなら納得できるコストだと思いました。」

2位 JACリクルートメント

日系・外資系の企業のハイクラス求人案件を豊富に取り扱っているエージェントです。

ミドルクラス、ハイクラスの求人のため、エグゼクティブ、管理職、スペシャリストなどのポジションに特化しています。

JACリクルートメントで転職が決定した方のうち65%が35歳と、年齢が高い転職者に強みを持っています。

40代男性・管理部門経理
「年齢が高いので、簡単に転職できないだろうと思っていました。

しかし、コンサルタントのサポート力が高く、対応も迅速、フォローもきめ細かく、スムーズな転職が実現できました。

これまでの経験を存分に活かせる新しい職場は、紹介していただいて本当に良かったと実感できる環境です。これもコンサルタントの方が、企業について詳細な説明をしてくれていたおかげでミスマッチとならなかったと思っています。」

50代男性・海外営業及びマーケティング
「このまま定年を迎えていいのだろうかと疑問が沸き起こり、転職が頭をよぎりました。海外の事業所での経験や、語学力、マーケティングでの分析力いずれもJACのコンサルタントの方に高い評価をいただき、自信をもって転職活動を進めることができました。年も年ですから、ここでキャリアが総崩れになるような転職だけは避けたいとは思っていたのです。こちらからの希望を優先していただいた案件紹介でしたが、キャリアの総まとめをできると実感できる仕事でした。」

3位 キャリアカーバー

大手リクルートの、ハイクラス求人に特化しているエージェントです。

キャリアカーバーでは会員になるとヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。

提携しているヘッドハンターが、ハイクラス転職者の方に最適な案件を提案していくシステムです。利用料金は無料です。

30代男性・コンサルティングファーム コンサルタント
「特にハイクラス向けエージェントではないところで転職活動していました。

案件の質よりもエージェント自体の返信の遅さや知識の低さに不安を感じていたところ、キャリアカーバーを見つけました。実は案件自体は別のエージェントと重複していたのです。

担当のヘッドハンターさんの提案力と、情報提供の詳細さにキャリアカーバーで転職することを決定しました。」

40代男性・シニアプロジェクトマネージャー
「エンジニアからスタートした経歴があり、マネジメント経験は豊富でした。ただ自分が主にかかわってきた事業が打ち切りとなったことから、転職を真剣に考えるようになりました。

キャリアカーバーで出会ったヘッドハンターの方は、初回面談で案件をすでに持参していました。

ただ強制的に応募しろというのではなく、徹底的に自分の経歴、将来、キャリアパスを聞いてくれたのです。自分の方向性を定められたのは、キャリアカーバーだったからこそと思っています。」

4位 マイナビ転職エージェントサーチ

マイナビのハイクラス専門エージェントです。案件数は多くないものの、質の高い求人が揃っているとハイクラスの転職希望者から高い評価を受けています。

ハイクラス転職では失敗してしまうと、それまで積み上げたキャリアパスを潰すことになる可能性も出てきてしまうのです。

独力での転職活動よりも、プロの目から見たアドバイスができるエージェントを介したほうが時間のロスを減らせ失敗の確率を下げられるでしょう。

40代女性・経理財務
「転職のラストチャンスと思っていました。

前職では経理財務や人事総務、営業事務などとにかく仕事の範囲が広かったです。

ただ大変やりがいは感じていたのですが、数人で始めた企業が大きな規模に成長し、自分でも何かやり遂げたような達成感を得てしまいました。

新しいことに挑戦できるなら今しかないと思い、迷わずマイナビ転職エージェントサーチに登録しました。紹介していただいたのはすでに規模としては大きな企業だったものの、新たな業務提携などが決定しており、財務を一任できる人材を探しているという案件でした。

コンサルタントの方の的確なアドバイスもあり、気になっていた年齢のネックをクリアして内定をいただきました。」

50代男性・メーカー役職
「同一精密機器メーカーで長らく勤務しておりました。

生産・工程・品質管理など多岐にわたる経験があります。これを活かした転職をしたいと思いエージェントに登録しました。

実はマイナビ転職エージェントサーチ経由で連絡をいただく前に、一社ほぼ内定まで進んでいたのです。しかし連絡をもらったコンサルタントの方が気になり、直接面談することにしました。

そこで、ほぼ内定まで進んでいた案件では、経験を完全に活かせるわけではないというネックに気づいたのです。

マイナビ転職エージェントサーチで紹介を受けた案件は、100%希望通りといってもよいものでした。コンサルタントの熱意に押された形でしたが、本当にお会いしてよかったです。」

5位 エグゼクティブ転職

年収1,000万円以上の非公開求人が多数揃っているハイクラス向けスカウトサービスです。スカウト参加企業が経歴などをもとにスカウトの連絡が入るシステムです。ヘッドハンターとの面談後に応募、書類選考、面接という流れです。8か国30拠点以上のネットワークで、豊富な案件を保有しています。

30代女性・外資系ニュープロダクトデベロップメントディレクター
「ずっと外資系で働いて参りましたが、全く畑違いの分野へと配属されることになりました。

配属転換当初は刺激を受け、成長につながると思っていたのです。しかし、あまりにも違いが大きく、また将来のキャリアパスを描けなくなってしまいました。

エグゼクティブ転職へ登録したのは、現況で本当によいのか確認したいという思いもありました。担当していただいたコンサルタントの方は、キャリアアップについて的確なアドバイスがありました。

案件を紹介していただいたのですが、それもなぜこのポストがよいのかという理由がクリアでした。」

30代男性・経営企画
「もっと自分の力を試せる環境があるのではないかとエグゼクティブ転職に登録しました。ただその時点での仕事の関連もあり、

今すぐ転職できるかどうかははっきりしていなかったのです。その点もコンサルタントに伝えましたが、面談はひとまず行うことになりました。

ヒアリングも徹底しており、希望の業種に詳細な知識を持っているコンサルタントの方で、任せてもきっとよい案件を紹介してもらえるのでは?と高い期待を持てました。

自分の希望に沿った案件が出た時に、紹介していただきました。転職のタイミングも最終的にベストだったと思います。」

6位 ミドルの転職プロフェッショナル

管理職、専門職に特化した年収1,000万円クラスの転職を支援するサイトです。非公開求人やスカウトも多数あり、転職活動をプロエージェントがサポートします。大手、上場、外資系、グローバルなど優良企業が揃っており経験や経歴を活かし、希望に沿った転職を実現できるでしょう。

30代男性・食品メーカー物流企画
「前職の業務内容や、給与、待遇いずれも大きな不満はありませんでした。

ただそれが逆にこのままでいいのだろうかという疑問を抱く原因になったと思います。さらなる経験を積みキャリアアップを図りたいと思ったとき、前職では物足りないと確信しました。

エンミドル転職に登録することで、もっと自分が成長できる業種や職種があると実感できたのです。

スカウトを受けたコンサルタントの方には、大きなチャンスと成長のきっかけをいただきました。」

40代男性・コンサルタント営業
「結果として転職活動期間は1年以上になってしまいましたが、大満足の結果を得ました。じっくり活動することをサポートしてくださったエージェントには感謝しています。

いざ転職しようと思っても、なかなか納得できる案件には出会えないことが続きました。

転職活動自体をやめてしまおうと思ったり、どこでもいいから転職してしまえばいいと投げやりになったりもしたものです。

コンサルタントの方の体験談を交えた親身なアドバイス、今だけでなくずっと先まで見越したキャリアパスの構築方法などは本当に参考になりました。」

ランクインしたエージェントを比較

ではランクインしたエージェントをそれぞれ比較してみましょう。

エージェント名 登録者数 求人数 備考
ビズリーチ 約100万人 約10万件 非公開求人が豊富
JACリクルートメント 約7万人 約2万件 日系・外資系の企業に強い
キャリアカーバー 非公開 約2万件 スカウトを受け取れる
マイナビ転職エージェントサーチ 約100万人 約1万5千件 プロからのアドバイスを受けられる
エグゼクティブ転職 非公開 約8万件 年収1,000万円以上の求人が多数揃う
ミドルの転職プロフェッショナル 非公開 約8千件 年齢層の高いハイクラス転職者におすすめ

それぞれの特徴を確認してみると、ビズリーチが求人の数も登録者数もかなり多いことが分かりました。

登録者数が多いということはそれだけ人気があるということですが、逆に言えば同じ求人に応募するライバルも多いということになります。

それならエグゼクティブ転職やミドルの転職プロフェッショナルのような、状況にマッチした転職サイトを使うのもおすすめです。

もちろん複数登録しても問題ないので、ハイクラス転職を行うなら、ビズリーチと自分の状況に合った転職サイトに登録するのが良いでしょう。

転職エージェントを利用するメリットデメリット

転職エージェントには利用するメリットとデメリットがあります。

どちらもしっかり理解して、自分に合った転職サイトを見つけていきましょう。

転職エージェントのメリット

転職エージェントの大きなメリットは、転職に不慣れな方でもスムーズに自分に合った企業に転職できるという点です。

最初はカウンセリングから始まり、転職者の条件などを聞いたうえで最適な求人を紹介してくれます。

ハイクラスな転職でも転職者の実力が足りていると転職エージェントが判断すれば、相応の求人を紹介してくれるため、自分の満足の行く転職をすることが可能となります。

加えて転職活動で必要となる履歴書や面接での採用率の上げ方、内定後の交渉なども行ってくれるので、転職の経験が少ない方でも理想の待遇に転職できる可能性が高くなるのです。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントと協力しなくてはスムーズな転職が行えないため、連絡を怠ったりすると上手に転職活動を行えなくなります。

転職エージェントは転職を成功させることで評価されるため、連絡が遅れたりなどで連携が上手に行えないと、転職エージェントの対応がおざなりになる可能性があります。

このように1人で転職活動を進められなくなるのが、転職エージェントのデメリットと言えるでしょう。

転職エージェントが向かない人もいる

転職エージェントとの連携がうまく行かなければ、利用している意味はありません。

登録することで頻繁に転職エージェントとメールの連絡を行わなくてはならないため、連絡を送るのが億劫という方は転職エージェントは向いていないと言えるでしょう。

また行きたい企業が固まっている場合、転職エージェントを介するよりも、1人で転職活動を進めた方がスムーズな場合もあります。

そういった場合はむしろ転職エージェントに登録したことで転職活動が遅くなる恐れもあるので、状況に応じて転職エージェントを利用するかどうか判断するようにしましょう。

世代別ハイクラス転職の注意点

ハイクラス転職の注意点は世代によってさまざま変わってきます。

では世代別にハイクラス転職するためには何を気を付けるのが良いのでしょうか。

20代

20代でハイクラス転職できるほどのキャリアを積み重ねていると、気を付けたいのが気が大きくなってしまうということです。

気が大きくなってしまうとコミュニケーションでも相手に悪印象を与えてしまい、転職活動に悪影響を及ぼす恐れがあります。

20代で自分より年齢の高い方よりも高い収入を得ていると、どうしても気が大きくなってしまいがちです。

転職活動では特に謙虚な気持ちを忘れないようにしながら、転職エージェントや面接官と相対するようにしてください。

30代

30代になると精神的にも成長し、さまざまな案件へ挑戦することができる年代となっています。

比較的多い求人の中から自分の理想に合った企業に転職しやすくなるため、ハイクラス転職が最もやりやすい年代とも言えるでしょう。

ただ求人の選択肢が多い分、自分の理想とは違う企業に転職してしまう恐れがあります。

転職活動を進める前に目指している企業についてしっかりリサーチをかけておき、自分が本当に働きたい仕事なのか、職場環境や人間関係に納得できるかどうかを徹底的にリサーチしたうえで転職することを心がけるようにしてください。

40代

40代だと、やはり案件数が少ない可能性が高いです。ハイクラスの場合は、経歴や経験をアピールして転職活動していくことになります。

管理能力が求められたり、管理職として勤務したりというケースが大半になるため、マッチングする案件の絶対数はどうしても少なくなるでしょう。

案件数の少なさを補うためには、複数のエージェントに登録する方法があります。

エグゼクティブ求人を扱うエージェントも一つだけではありません。また案件の情報をできるだけ多く集めるためにも、転職サイトを利用するのもよいでしょう。

注意点として、各エージェントは独自案件だけでなく共通する案件を持っていることがあります。同じ案件に複数のコンサルタントから応募するのだけは避けましょう。

エージェントを併用するのは問題ありませんが、応募する企業が決まったらその企業には一コンサルタントだけから連絡を取ってもらうようにします。

女性のハイクラス転職

女性のハイクラス転職もエージェントを利用するのがおすすめです。

女性のキャリアパスには結婚・出産が関わってくるケースが多いでしょう。正しい転職の仕方というのはありません。

キャリアアップ、専門性の高い仕事での経歴を活かしたい、管理職を目指したいなど、様々な希望での転職をサポートしてくれるエージェントを利用するのがベストです。

女性のためのエージェントもありますので、まずは相談からスタートしてみてはいかがでしょうか。

年収1,000万円以上のハイクラス転職の実態

年収1,000万円以上のポジションは既存事業の拡大時に募集されることが多くなります。経営者や経営幹部だけでなく、経営企画や事業企画といったポジションが目立ちます。

スペシャリストが求められている、急成長を果たした企業が管理体制の構築のため外部からの人材を採るといった状況が考えられます。

ハイクラスの人材を募集することが多いのは、外資系企業や大手企業といわれています。ただしベンチャー企業などでも全く募集がないわけではありません。

ハイクラス転職では、結果を出さないと減俸や解雇に結びつくケースが多いのです。高収入に見合ったパフォーマンスができなければ、転職を果たしてもそれまで築き上げてきたキャリアを潰すことになりかねません。

ハイクラスの転職がじっくり吟味することを求められているのはそこに最大の理由があるでしょう。

主要都市別ハイクラス転職

東京

もちろん東京では、エージェントにこだわらず案件にこだわって幅広く登録するのがよいでしょう。案件数の豊富さからは、転職しやすいと感じるかもしれません。

しかし、逆に案件数が多くあり過ぎて、決められなくなるかもしれません。転職活動にあたって、エージェント選びも大切ですが、どんな転職をしたいのか、最終目的は何なのかを見つめなおす必要があるでしょう。

大阪

大阪に拠点を置く、外資企業に向けたエージェントがハイクラス転職では目立ちます。ヘイズやアズール、アージスジャパンなどのエージェントはそれぞれ得意とする転職案件を持っています。

たとえばヘイズではIT、小売り、消費財、医療機器・製薬などの案件が豊富です。アージスジャパンではエレクトロニクス、機会、自動車、ラクジュアリー、メディカルなどにも強いです。

名古屋

名古屋は、外資系企業がオフィスを置いていることが多いです。外資系でハイクラス転職を考えている方なら、候補地に選択してもよいでしょう。ただ特徴として製造業が多く、金融やIT関連などの案件は豊富ではありません。

ビズリーチやJACリクルートメントなどのハイクラス転職を中心に扱っているエージェントに登録するとよいですね。またアージスやロバート・ウォルターズなどの外資系企業の案件に強いエージェントもおすすめです。

福岡

福岡でハイクラス転職を希望されている方におすすめのエージェントをご紹介します。エージェントは、福岡に特化しているところだけでなく、全国展開しているところも選びましょう。

その際に福岡の案件数が少なくないか、希望の業界や職種で極端に求人が少なくないかなどを確かめておくとよいでしょう。

ハイクラスの方におすすめの、キャリアカーバーやビズリーチだけでなく、幅広い案件を扱っているリクルートエージェントやDODAなども案件数の多さから登録しておく価値はあります。

福岡に支店があるSpiring転職エージェント(アデコ)、さらに福岡に特化したアソウヒューマニティーグループなどにも登録しておくと独自案件を保有している可能性が高いです。

まとめ

ハイクラスでの転職で一番注意しておくべきなのは、これまでのキャリアをすべて崩してしまうようにしないことでしょう。

転職の結果がすべて成功とはなりません。ある程度の年齢を重ねた上で転職に挑戦し、失敗してしまうと新たなキャリアを積み上げる時間も見つからない可能性があります。

そうならないためにも転職エージェントの利用をおすすめします。

ハイクラス転職でもスムーズに進めることができ、転職に不慣れな方でも安心してハイクラス転職を成功させることが可能となります。

ただ転職エージェントにもメリットデメリットや向き不向きがあるため、転職エージェントを過信しすぎず、本当に自分にとって適切なのかを判断したうえで登録するようにしてください。

一人で、またはキャリアアドバイザーときちんと職歴などの棚卸をすること、転職後のプランをクリアにしておくことなどで、ハイクラス転職を成功に導きやすくなります。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

ハイクラス転職エージェント人気ランキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 女性におすすめの転職サイトをランキングで紹介

  • 【おすすめ】転職サイト8社徹底比較~2chの口コミ評判を徹底的に調べてみた

  • 30代の転職には転職サイトがおすすめ?登録するメリットデメリットとは

  • 【おすすめ】女性の転職サイト8社徹底比較~失敗しないために目的で選ぶ方法

  • 40代~の転職サイトランキング!40代~でも転職を成功させるコツとは?

  • 20代の転職サイトおすすめランキング!20代が上手に転職するコツとは?