1. 転職マニア
  2. 転職サイト
  3. 転職サイトおすすめ
  4. 女性におすすめの転職サイトをランキングで紹介

女性におすすめの転職サイトをランキングで紹介

 2018/02/04 転職サイトおすすめ   1,912 Views
女性向け転職サイトおすすめランキング

女性で転職を志している方は多いかと思います。

結婚、妊娠、育児など女性特有の悩みなどが原因で転職が滞っている方も多いのではないのでしょうか。

この記事ではそんな転職活動が滞っている女性へ向けて、おすすめの転職サイトや転職サイトの良い点悪い点などをご紹介します。

女性の転職者にこそ転職サイトがおすすめ

女性の転職、キャリアやタイミングなどそれぞれの事情は多様です。結婚や出産、育児など人生の転機に伴ってキャリアを見直さないといけないこともあるでしょう。また配偶者の転勤などで、キャリアパスを変更せざるを得ないことがあります。

女性ならではの転職事情を理解してくれる、転職サイトや転職エージェントを選ぶことが重要になるでしょう。女性向けのエージェントにこだわる必要はありません。

働き方、勤務時間帯や待遇、キャリア、年代などの条件によっておすすめできる転職エージェントや転職サイトは変わってきます。

また女性の転職希望者は、ぜひエージェントのカウンセリングを活用しましょう。というのも、自分では取るに足らないと思っているキャリアが大きくセールスポイントになることもあるからです。

またブランクなどの気になる点も、できるだけマイナスにならないアドバイスをもらえる可能性もあります。

女性におすすめの転職サイトランキング

ここからは女性におすすめの転職サイトをランキング形式でご紹介します。

1位 type女性の転職Agent

求人数:★★★☆☆
転職サポート:★★★★☆
使いやすさ:★★★★☆

キャリアアップ、ワークライフバランスなど女性の転職で重要なポイントを相談や企業の紹介で実現していけるエージェントです。女性に特化しているため、それぞれの転職希望者がどんな状況なのかをきちんと把握した上でのサポートが可能です。

案件は首都圏が中心ですので、勤務希望地を考慮の上登録しましょう。またtypeは女性のための「女の転職」という転職サイトや総合転職サイト、転職エージェントなど多数運営しています。転職活動の状況や希望に応じて、登録先を使い分けてもよいですね。

2位 マイナビエージェント

求人数:★★★★☆
転職サポート:★★★☆☆
使いやすさ:★★★★☆

大手転職エージェントのため、女性のためのサポートも大変充実しています。女性ならではの転職活動での難しさを年代ごとにフォローできるエージェントです。ライフスタイルをふまえた提案で、キャリアを築く基礎ができた利用者も少なくありません。

また女性が求められるスキルや資格、書類選考や面接で重視されることなど、豊富な転職情報でスムーズな活動が実現します。女性の転職と一般的な転職の違いはどうしてもあるため、その点をきちんと把握しているエージェントなら転職を成功させやすくなるでしょう。

3位 ハタラクティブ

求人数:★★★☆☆
転職サポート:★★★★☆
使いやすさ:★★★☆☆

未経験から正社員を目指すなら、ハタラクティブに登録しましょう。

書類選考の通過率や内定率が80%を超える実績があるため、正社員としてスタートしたいときに最適のエージェントです。女性特化型のエージェントではなく、ターゲットは20代が中心です。また案件は東京、神奈川、千葉、埼玉エリアとなっているので、関東圏で転職を希望している方におすすめです。

担当コンサルタントに気軽に相談できる雰囲気もありますので、転職自体を迷っている方や、今後どうやって働いていくべきなのか悩んでいる方も一度登録してみるとよいでしょう。

4位 ビズリーチ

求人数:★★★☆☆
転職サポート:★★★★☆
使いやすさ:★★★★☆

ハイクラス、即戦力人材のための転職サイトですが、もちろん男性専用というわけではありません。女性がキャリアアップを目指すなら、登録しておきたいサイトです。

ビズリーチはヘッドハンティングを受けるシステムとなっているため、登録しておくことで最適な転職先を見つけやすくなります。

応募やヘッドハンターの評価閲覧など一部有料サービスもあるのですが、登録自体は無料でできます。求人案件の閲覧、ヘッドハンティングを待つなどひとまず無料で利用できるサービスを活用してみるのもよいでしょう。

5位 DODA

求人数:★★★★☆
転職サポート:★★★☆☆
使いやすさ:★★★★☆
大手転職エージェントです。とにかく案件数が豊富なので、転職を少しでも考えているなら登録しておくことをおすすめします。

キャリアカウンセリングや内定までのサポートも充実しているので、転職活動が初めての方でも安心でしょう。また女性の転職専門サイトもあるので、企業の情報をたくさん収集したいときに活用できます。

女性が転職サイトを利用するメリットデメリット

女性が転職サイトを利用すると以下のようなメリットデメリットが発生します。

ここでは女性が転職サイトを利用するメリットや、転職サイトに不向きな方がどんな方なのかを解説します。

女性が転職サイトを利用するメリット

転職サイトの大きな利点は、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進められるという点です。

特に女性の場合、産休や育休といった福利厚生がしっかりしている企業に勤めたいと考えている方も多く、その条件に合致した企業を多くの求人の中から的確に見つけて紹介してくれます。

膨大な数の中から1人で求人を探すのは非常に手間がかかるため、そういった手間が省けるのは大きなメリットと言えるでしょう。

女性が転職サイトを利用するデメリット

転職サイトは登録するとほぼ必ず転職エージェントが担当に付きます。

ただ自分のペースでどうしても転職活動を進めたいと思っても、転職エージェントは自分のノルマをこなすために積極的に転職者に情報を渡します。

その情報量の多さに辟易としてしまい、ウンザリしてしまう方も少なくありません。

また転職エージェントのやりとりにはメールを使用することが多く、エージェントによってメールの返信速度が変わるため、それを手間に感じてしまう可能性も少なくありません。

テンポ良く自分のペースで転職活動を進めることができなくなるのが、転職サイトのデメリットと言えるでしょう。

こんな人は転職サイトを利用しない方が良い

転職サイトは目指すべき求人が分からない方なら良いのですが、行きたい企業が明確になっている方は求人を探す時点で転職活動のテンポが悪くなってしまいます。

また転職エージェントの都合にどうしても合わせなくてはいけないため、自分のペースで転職活動を進めたい方にも向いていません。

転職サイトは便利ではありますが、人によってはストレスが溜まってしまうこともあるので、メリットデメリットを把握して、利用するかどうか登録前に考えておくようにしてください。

【世代別】女性の転職者が意識すべきこと

同じ女性の転職者でも、年代によって意識するべきポイントが変わってきます。

では20代、30代、40代の女性はそれぞれどんなことを意識して、転職活動を進めていくのが良いのでしょうか。

20代の女性が転職で最も考えたいこと

キャリア、結婚、趣味、習い事などすべてを充実させたいと考えている20代女性は多いはずです。結婚は重要ですし、趣味や習い事もおろそかにしたくはないでしょう。しかし最も時間と労力を多く費やすであろうキャリア、仕事について一度しっかりと考えてみるべきです。

働きやすい職場、長く働ける、安定している、結婚や出産後も続けられる、漠然とした希望を持っている女性は多いでしょう。しかしほんの数年後の働き方を具体的にビジョンとして持っているかというと、イメージするのも難しいのではないでしょうか。

ワークライフバランスと様々なところでいわれていますが、転職で何を実現できるのかをまず考えないといけません。特に20代はキャリアをどんどん構築することも可能な反面、何も残らない働き方をしてしまうこともあります。

どんな風に今後を具体的にイメージしていったらよいのかわからない、そんな方も多いでしょう。転職時にエージェントに登録してアドバイスを受けることで、キャリアを明確にすることもできます。

30代女性の理想的な転職とは?

35歳の壁などといわれるように、30代の半ばを過ぎてから転職は難しさを伴うといわれています。実際には、全く不可能というわけではありませんが、選択肢は限られてしまいます。待遇や給与面で納得のできる転職はなかなか叶えられないというのが実状でしょう。

キャリアは点ではなく線としてとらえるしかありません。30代で転職することを20代の誰もが想定できるわけではないですが、年齢が低い間にこそ様々な業務へチャレンジしておくべきです。また業界や職種を明確に絞れているなら、それに応じた資格やスキルを取得していきましょう。

職種、勤続年数などによって転職活動はガラッと異なってしまいます。転職先企業を探して気長に応募しているだけでは決まらないこともあるはずです。30代での転職は、エージェントを活用するなどしてベストの方法を導き出す必要があるでしょう。

やっぱり厳しい?40代女性の転職

ストレートにいってしまうと、経験や資格が特にない状態で40代女性が転職を目指すのは厳しいでしょう。しかし業界や職種の選び方によって、転職を成功させることも不可能ではありません。おすすめできる業界や職種を見ておきましょう。

介護職員

女性らしい対応が求められます。年齢は安心感につながるのでマイナスばかりとならない点が40代女性にも転職しやすい職種です。資格なども取りやすく、売り手市場なので目指す価値はあるでしょう。ただ仕事のハードさはいうまでもなく、給与面でも今後の国の対策を待っている状態です。

保険営業

転職しやすい職場です。インセンティブなどもあるので、給与を重視する方にもおすすめです。ただ営業への適性もあります。ノルマがある場合は向いていなければ、厳しさを感じることになります。

タクシードライバー

女性ならではの目線で、送迎などでの気配りや配慮が評価されます。介護職員と同様に、年齢は利用者の安心へとつながる職種でしょう。

セレモニースタッフ

葬儀でのサポートは、40代以上の女性だからこそ安心して任せられると感じるのではないでしょうか。

保育士

育児経験があるならそれを活かせますね。病児保育やベビーシッターなど、働く場所の種類も豊富です。

転職に難しさを感じる職種もあるかもしれません。しかし需要があるということは、それを求めている方もいるということです。年齢を活かせる職種や業界もあります。また正社員としての経験や、業界での経験がなくてもそれまでの人生経験などを活かす方法もあります。

勤務先は気長に情報をより多く集めましょう。転職エージェントや転職サイトを活用することで、効率よく企業を探しだせます。

女性が事務へ転職するのは難しい?

人気の高い職種ですが、経験がなければ転職は大変難しいといわれています。女性を中心に圧倒的に人気が高いので、競争率も上がってしまうのです。経験が豊富な方を優先して採用する企業は多いでしょう。また電子化によってニーズはどんどん低下しています。大手企業ではアウトソーシングで賄えるところも増えており、事務を希望すること転職を難しくしてしまう可能性は高いのです。

ただどうしても営業や販売職に向いていない、疲れてしまったという方にとって、職種を重視するのは避けられないことかもしれません。アウトソーシングの企業へと入社する、経験を積んでスキルを身につけ転職の機会をうかがうなどで対策するしかありません。

女性の転職で有利になる資格とは?

転職や、出産後の復職などで有利になる資格やスキルにはどんなものがあるのでしょうか?ブランクがあっても給与や待遇をダウンさせたくない、転職でもポジションをキープしたいですよね。資格やスキルはもっともアピールしやすいですし、実際に仕事をする際にもメリットが大きいものです。ただ、業界や年代によって有利になる度合いが多少異なります。具体的な資格をご紹介しましょう。

事務系 ・秘書検定
・MOS(Microsoft Office Specialist)
サービス系 ・販売士
・サービス接遇検定
・調理師
医療・福祉系 ・医療事務
・歯科助手
・介護初任者研修
金融系 ・ファイナンシャルプランナー
・証券外務員資格
不動産系 ・宅建
・管理業務主任者

有利に働くと考えられる資格ですが、なんでもよいから取ればよいというわけではないのです。転職を希望している業界に関連した資格を取るようにしましょう。

書類選考も通りにくい40代以上の方は特に、介護初任者研修、医療事務、CAD利用者技術者試験など需要が多いと予測される資格に絞ったほうがよいかもしれません。

資格取得にあたって、独学、通学、通信講座など学習方法によって費用や期間は異なります。

資格を持っていなければ、転職できないことに即結びつくわけではありません。本当に取得するべきなのか、なければ転職できないのか、転職後どのように仕事をしていくのかなどを冷静に分析して、資格取得するかどうかを決定しましょう。

【世代別】転職サイトを利用した女性の成功例

どの年代の方でも、転職サイトを利用して転職を成功させた女性が多くいます。

では実際に転職サイトで転職を成功させた方は、何を意識して転職活動を成功させていったのでしょうか。

24歳女性の場合

「私は去年までアルバイトで服のショップ店員として働いていました。

でも彼氏が引っ越しする都合でバイトを辞めることにして、引っ越し先で転職活動して安定した仕事をしようと決心したんです。

転職サイトに登録した時に、アルバイト歴もアピールしていいと教えてもらったので、引っ越すまでやっていたショップのバイトのことを活かせる会社に挑戦することにしました。

アルバイトで身に付けた知識が活きたのか、スムーズに内定を貰い、今ではデザイナーとしてお客様に喜んでもらえる服を作っています。」

転職活動で勘違いされがちなのが、アルバイト歴は職歴として使えないと思われている点です。

特に若い年代でフリーターとして働いていたという方は、アルバイト歴が活かせることを転職サイトで初めて知り、そこから積極的にアピールして内定を貰ったという方が多くいます。

若い年代の方は転職サイトに登録することで転職について知れることもたくさんあるので、転職とはどんなものなのかを学ぶために登録してみるのもありと言えるでしょう。

36歳女性の場合

「出産、育児がある程度落ち着いて、社会復帰しようと思ったのですが、結婚を機にやめた企業でしか働いたことが無かったので、転職をどうやったら良いのか途方に暮れていました。

そんなときに旦那が使っていたという転職サイトを教えてもらい、私もそのサイトに登録して転職活動をすることにしました。

ある程度休めて子供に割く時間がある企業を目指していたのですが、転職サイトだとそういう求人を見つけるのに時間がかからず、あんまり迷わないで目指すべき転職先を設定することができました。

面接で何を意識するべきなのか、そういった採用率を上げるコツも教えてもらい、無事に内定を頂いて今はその企業で働いています。

福利厚生もしっかりしているし、休みに家族との時間もちゃんととれているので不満はありません。」

転職者が求める条件に合致した求人を転職サイトでは的確に紹介してもらうことができます。

加えて転職に慣れていない方でも、上手に転職を進めるコツを教えてもらえるため、転職活動自体に不安を感じる方も転職サイトを利用するのがおすすめです。

45歳女性の場合

「前の会社からステップアップするために、キャリアを活かして転職を進めようと思いました。

自分のキャリアに見合った求人はどんなものなのかを、転職サイトで診断してもらい、給料や待遇を確認したうえで転職活動を進めていきました。

面接ではキャリアを中心としてアピールを行い、内定も割とスムーズにいただけました。

前の会社で働いていた時よりも年収が高くなりましたし、何よりも新たな仕事にやりがいをとても感じています。

転職したことは間違っていなかったと胸を張れる結果だったので、また転職する際には転職サイトを利用したいと思います。」

年代が高くなるほど、積み重ねてきたキャリアを活かすことでより良い企業に転職できる可能性が高くなります。

ただ自分1人では膨大な求人の中から、キャリアを活かして前より良い待遇の求人を見つけるのは困難を極めます。

転職サイトであれば自分のキャリアやより良い待遇の求人を転職エージェントが紹介してくれます。

その上目指したい企業の内部事情や職場環境をリサーチしてくれるサービスもあるので、その環境に納得したうえで転職活動を進めることで、入社後に定着できる可能性が高まります。

積極的に転職サイトのサポートを利用し、自分のキャリアをフル活用できる道を進んで行きましょう。

女性が転職サイトを利用する際に気を付けること

転職サイトは便利なサービスですが、注意点には気を付けなくてはいけません。

ここでは女性が転職サイトを利用する際に気を付けたいポイントを解説します。

理想を高くしすぎない

誰しも転職先に対して理想を持っているものです。

しかし、その理想が高すぎると視野を狭くしてしまい、選べる求人が少なくなって転職活動の成功が遅くなります。

高い理想に見合ったキャリアや実績が無いと叶えるのが難しいので、キャリアや実績が無い方はある程度理想に妥協点を持たなくてはなりません。

譲れない理想を1つだけ設定しておけば求人の幅も広がり、そこから徐々にキャリアを積んでいくことで、より高い理想を叶えられるようになります。

自分のキャリアと理想が見合っているかを見極め、どこまで妥協するかをしっかり決めたうえで求人を選んでいくようにしてください。

自分の状況をしっかり転職エージェントに伝える

転職エージェントと転職者の間で情報の行き違いがあると、転職エージェントのサポートが間違った方向に進んでしまい、いつまで経っても転職者に合った転職活動を提案することができなくなります。

これを防ぐためには転職者の状況、理想の条件などをしっかり転職エージェントに伝えることが大切となります。

転職サイトでは最初に転職者へのカウンセリングを行うことが多いのですが、そのカウンセリングでは自分のことを具体的に細かく伝えるようにしてください。

そうすることで転職エージェントも転職者に合った求人を紹介できるほか、履歴書や面接でのアピールの方向性も転職者に具体的に伝えることができ、転職活動がよりスムーズに進んでいきます

最初のカウンセリングにどれだけ自分の情報を伝えたかで転職活動全体の時間が変わるので、最初だからといって横着せず、自分のことで伝えられることは全て伝えるようにしましょう。

自分でできることはできるだけ自分でやる

転職エージェントもノルマをこなさなくてはいけない社会人であり、あなた以外にも多数の転職者の担当として奮闘しています。

そんな転職エージェントに何もかも任せっきりにしてしまうと、その分転職活動の効率が落ち、結果的に転職活動が遅くなる恐れがあります。

それならば転職活動の中で自分でできることはできるだけ自分で行い、転職エージェントの負担を軽減させることができれば、その分スムーズに転職活動が進んでいくこととなるでしょう。

例えば履歴書を作成する際に、採用率を上げる書き方をリサーチしておけば、転職エージェントが教える負担が軽減され、その分転職活動が早く進みます。

このように自分ができること、自分でできないことを明確に分け、転職エージェントと自分が上手に連携して転職活動を進めることを意識するようにしてください。

まとめ

どんな年代の女性でも転職サイトを利用することで、スムーズに転職活動を成功させることが可能となります。

むしろ転職サイトを利用することで、産休や育休といった制度が充実している求人を手早く見つけることができ、膨大な求人から理想の企業を探す手間を省くことが可能となります。

ただ便利な転職サイトでも、行きたい企業が固まっている方や自分のペースに合わせて転職活動を進めたい方には向いていません。加えて年代によって転職サイトで意識すべき点が違う、全て転職エージェントに任せすぎないといった注意点を把握しておかないと、スムーズな転職活動ができなくなるので気を付けてください。

メリットデメリットや注意点をしっかり把握し、転職サイトを有効活用して転職を成功させていってください。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

女性向け転職サイトおすすめランキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 40代~の転職サイトランキング!40代~でも転職を成功させるコツとは?

  • 【おすすめ】女性の転職サイト8社徹底比較~失敗しないために目的で選ぶ方法

  • 20〜30代未経験者の転職サイト9社徹底比較~フリーター・第二新卒・女性のおすすめは?

  • IT・WEB業界におすすめの転職サイト・エージェント6社徹底比較

  • 第二新卒・20代におすすめの転職サイト・エージェント10社徹底比較

  • ハイクラス転職に向いたエージェントとは?人気ランキングからチェック