1. 転職マニア
  2. 年収
  3. 普通の人が年収1000万円を達成するための5つの仕事

普通の人が年収1000万円を達成するための5つの仕事

 2018/01/12 年収   1,681 Views

どんな方でも高い年収に憧れるのは当然ですが、1つの大きなくくりになる1.000万円という数字は特に憧れが強い方も多いでしょう。

では、年収1,000万円も稼ぐには、どういった仕事をするべきなのでしょうか。

今回は年収1,000万円稼げる仕事や、年収1,000万円の仕事に転職するための方法をご紹介します。

Contents

誰もが憧れる年収1000万円

まずは年収1,000万円を稼ぐということがどういう意味を持つのか確認してみましょう。

年収が1,000万円は成功者の基準となる

年収1000万円は社会的成功者の基準の一つです。多くの人が羨む年収1000万円。

実際は税金なども高くなるため、手取りの収入が年収400万円の人と比べて2.5倍になるわけではありませんが、それでも年収400万円とはかなり違った生活ができるようになります。

なによりも年収1000万円の人が年収400万円の人と違うのは、心のゆとりです。

年収1,000万円稼げると家族にも満足感を与えられる

年収が1000万円を超えると大抵の人は「自分はできる人間だ」と自分自身に高い満足感を得ることができますし、奥さんも満足します。子供をいい学校に通わせることもできます。

子供が小学校受験を突破するには、親の仕事や収入もそれなりのものでなければなりません。

年収400万円のお父さんに育てられる子供は、どんなに成績が優秀でも行ける学校は限られてくるのです。

それは学費が払えるか払えないかという問題ではなく、有名小中学校は、一般家庭の子女はそもそも受け付けてくれないということなのです。

【年収が1000万円を超える職業一覧】

現代の日本で勝ち組に入るにはまずこの年収1000万円を達成しなければいけません。年収が1000万円以上ある職業は日本では次のようなものです。

医者
弁護士
公認会計士
一部の税理士
パイロット
売れている芸能人
会社の経営者
政治家(国会議員・県議・市町村議・知事・市町村長など)
高級役人(国家公務員で役所の課長以上)
一部のサラリーマン(特に商社・銀行)

普通の人が年収1000万円突破するには

このように見てみると、特殊な才能または恵まれた環境にある人だけが年収1000万円超えできるのかと思ってしまいそうです。しかし実際のところ年収1000万円は誰でも達成できるのです。

サイドビジネスを始める

特別な学歴や資格や経験・技術がなくても達成できるのです。ただそのためにはサラリーマンとして会社で働くだけではなく、あるいはサイドビジネスをはじめなければいけませんかもしれません。

サイドビジネスが軌道に乗ったら起業して会社を起こすことで年収1000万円は軽く突破します。年収1000万円はただの通り道に過ぎないのです。

しかも年収1000万円をもたらすビジネスは、どれもとりたてて難しい仕事ではありません。ちょっとしたアイデアとノウハウの獲得が必要なだけです。

もちろん多少の根気も必要ですが、基本的には誰にでもできることばかりです。

年収1,000万円を稼ぐアイデアとノウハウとは

これからそのようなアイデアとあまり知られていないノウハウで稼ぐ方法を紹介します。ここで紹介できるのは大まかな見取り図だけですが、具体的なビジネスを始めるための参考になるはずです。

稼ぐためのアイデアとはどういうものなのか、年収1000万円を達成するためのノウハウとはどういうものなのか、その基本的な発想が分かってもらえれば、一見とてつもなく高い壁に見えた年収1000万円が実は手に届くものであるということが分かってもらえることと思います。

それでは普通の人が年収1000万円を達成するための5つの仕事を紹介します。

まずは会社を辞めて起業するパターンではなく、会社に所属しながら会社の中で仕事をし、同時に「歩合」で収入を増やして年収1000万円を目指す職種から紹介していきます。

営業で1,000万円稼ぐ

サラリーマンで年収1000万円を超えている人はそれほど少なくはありません。

医者や弁護士でなくても、商社や銀行あるいはマスメディアのサラリーマンも年収1000万円以上の給料をもらっている人はたくさんいます。

ある程度出世しないと年収1,000万円稼ぐのは難しい

しかし一流大学を出て一部上場級の会社である程度出世していないと年収1000万円に到達することは容易いことではありません。

言い換えれば、大学を卒業した時点でサラリーマンとしての年収はある程度決まってしまっているということです。一流ではない大学を出ていたり、高卒でも出世できる会社はあります。

しかしそういう条件で成功する人はひと握りで、しかも相当の努力と運が必要になります。

とはいえ普通のサラリーマンでも年収1000万円を達成する方法があります。それは営業職につくことです。営業職といっても顧客周りのような守りの営業もあります。このようなルートセールスではあまり大きな収入を期待することはできません。

年収1000万円を達成できる営業職とは

営業で年収1000万円を達成するには「歩合」給が大きい仕事を選ぶ必要があります。保険外交員や不動産販売、自動車のディーラーなど新規の顧客を開拓する仕事は、成果が上がれば上がるほど収入が増えます。

ほかにもネット回線やケーブルテレビの契約や清掃用品のレンタルなど、給料が営業成績で決まるような業種がたくさんあります。

たしかに成績がよければ年収1000万円は簡単に突破するものの、一定以上の成績結果が出せなければ、ほとんど収入がないか、最悪仕事をやめなければならないこともあります。本当に営業が得意な人だけが成功する職業です。

実際営業が得意な人にとっては高収入のチャンスです。保険の営業だけで年収数千万円という人は日本にも結構いるものです。

年収1000万円を達成する営業

今まで日本では営業は気合と根性で歯をくいしばって頑張る体育会系の職場でした。しかしそのようなやり方は過去のものになってきています。

営業は確かに気合や根性が必要な場面もありますが、多くの場合は見込み客のニーズを拾い出し、見込み客に安心を提供するテクニックでもあります。客は必ずしも値段だけで購入を決めるわけではなく、あなたの営業姿勢を見て決める場合も多いのです。歩合の比率の高い営業職で、あなたが売るものはあなた自身です。あなたを信用できない限りお客さんは絶対ハンコを押しません。

つまり営業のテクニックはあなたを信頼してもらうためのテクニックであり、およそあらゆる人間関係をスムーズにするテクニックといって過言ではありません。営業テクニックを学んだら、あなたはどんな職場でもどのような人間関係でも対処できるようになります。

年収1000万円を達成する営業職を探す方法

このような高収入が可能な仕事はどこで見つけることができるのでしょうか?転職サイトは山ほどありますが、あまり高収入の求人は見つかりません。本当にいい仕事は求人サイトで募集していない企業です。探せば企業の公式ホームページで求人募集をかけていることもあります。

また自分で探すタイプの転職サイトより、リクナビなどの転職エージェント系サイトのほうがよい営業職が見つかるでしょう。

誰かの代わりに行う職業で1,000万円稼ぐ

特にこれといった資格やスキルがなくても稼ぐことができ、しかもほとんど元手なしで大丈夫なのは「代行業」です。誰かの代わりに何かの仕事をすることです。

代行する仕事を選ばないと高い収入は見込めない

依頼される代行の内容はそれほど難しくないものがほとんどです。パチンコ屋やラーメン屋の長い列に並んで順番待ちするだけのものもあれば、動くのが辛い老人のために買い物をしてくるといった類のものもあります。

「代行」の仕事は無数にありすぐに働き始めることが可能です。もし多くの人に認知され、経営が順調であれば、起業して会社にすることも可能です。しかし、一人で誰かの代わりをする限り、それほど多くの収入は見込めません。仮に朝から晩まで働いたとしても、日給が2万円以上になることはなかなかないでしょう。それでは年収1000万円は達成できません。

手続きを代行してコミッションを得る方法

年収1000万円を達成するにはただ体を動かすだけではだめなのです。ノウハウを売って、成果に対してコミッションを獲得していかなければなりません。

ノウハウを売ってコミッションを得ることができるのは「手続き代行」です。特に政府・地方自治体の「助成金」に関係した手続きの代行はおすすめです。

助成金にはいろいろなものがあります。お店を出すのに国が援助してくれる場合があります。しかしその申請手続きは複雑で、簡単にできるものではありません。また役所に何度も足を運ばねばならない場合も多く、開店準備をしている人にはとても面倒なことです。そもそも国から助成金が出ることを知らないという人も多いでしょう。

そこで助成金申請の手続き代行サービスの需要が生まれます。あなたの報酬は例えば助成金額の10%として、無事助成金がもらえた場合に支払われるものとします。そうすると、あなたの受け取る金額は数十万円になるかもしれないのです。

最初の1回だけをこなせば後は機械的な作業となる

このような仕事を月に数本こなしていくだけで年収1000万円は可能です。助成金の存在をしらない人に教えてあげるなら、たかだか10%のコミッションなど大した費用ではありません。その存在を知らなければ、そもそもまったく何ももらえなかったわけですから。

役所の手続きは最初は複雑に見えて戸惑うものですが、何度か経験するとあとは大体似たようなものであることが分かります。つまりあなたにとって大変なのは最初の1回めだけです。それ以降は機械的に作業するだけです。必要な書類を集めて、定められた時期までに役所に提出するだけです。

得意分野の知識を売る

現代の複雑な社会で全てのことに通じた人などいるはずがありません。人によって得意分野・不得意分野があり、関心のあるものと興味のないものがあります。あなたはあなたの得意分野の知識や技術を売りたいと思いませんか?

「ココナラ」や「ワオミー」というサイトではアイコン作成・似顔絵・占い・撮影代行などあらゆるサービスを売ることができるのです。もちろんパソコンやネットの知識が豊富な人はその知識を利用して、誰かに何かをしてあげることができるのです。もちろんそれによって報酬を得ます。まずはこういうサイトで自分のスキルを磨きながら、人が何をしてもらいと思っているのか調査するのも悪くありません。

レンタルビジネスで1,000万円稼ぐ

年収1000万円を達成するには起業して成功するのが一番です。楽天にしても、ソフトバンクにしても、ライブドアーにしても、サイバーエージェントにしても、ちょっとしたアイデアから出発した小さな会社でした。

しかし何か特別なアイデアを持っていないけど起業をしたいというのであれば、何かをレンタルする会社を考えてみるのはいかがでしょうか?

レンタルビジネスとは?

レンタルビジネスはもちろん何かを貸し出すビジネスです。昨今レンタルはブームに近いものがあり、ありとあらゆるものがレンタル利用できるようになりました。

昔からめったに使わない着物やタキシードのレンタルはありました。しかし今ではワンピースのレンタル会社もあります。いつも同じ服装だと恥ずかしいので、必要なときにはレンタルして、また必要なときには別のワンピースをレンタルするという使い方です。

ほかには一定期間しか使用しないものがレンタルの対象としては適しています。たとえば乳母車やチャイルドシートなど、子供が成長すると必要なくなるものや、学生服や教科書などかなりニッチなものまでレンタルとして貸し出されています。

また「人」を貸し出すサービスも認知され始めています。夫婦で出席するのが好ましいところに出席するとき、一人では怖いので同伴者がほしい場合など、「人」のレンタルの需要はかなり高いものです。今後、人がレンタルできるという認知が進めば、需要はまだまだ拡大するに違いありません。

レンタル業を始めるメリット

それではレンタル業が起業に適している理由を整理します。

まず第1に開店資金がそれほど大きくないことです。レンタルに出される商品は購入する必要がありますが、店舗や従業員は必ずしも必要ではありません。電話とレンタル商品があれば、すぐにでもはじめることができるビジネスです。

第2に、アイデア次第のビジネスであるということです。何をレンタルするかは重要ですが、それ以外の特別の能力や経験は必要ありません。つまりレンタルするものを決めさえすれば、すぐにビジネスが始められるわけです。また仮にレンタル商品に借り手が見つからなくても、また別のものをレンタルすればいいわけで、当たるまでそれを繰り返すだけのことです。

食いつきのあるレンタル商品を見つけるまで多少の時間とコストは掛かりますが、それでも最も無駄のないビジネスのやり方です。

第3に利益率が良いことです。製品を売るのと違い、レンタルビジネスでは仕入れた商品が何度でも利益を出してくれます。返却されたものが、すぐまたレンタルに出されるように回転させれば、あっという間に元出が取れるでしょう。そして、そのレンタル商品が使えなくなるまでのあいだ、利益をもたらし続けます。

まずは簡単な市場調査

レンタルビジネス市場はまだまだ飽和しそうにありません。次々と新しいアイデアが出てくることは間違いありません。しかし、それでも、では何を貸し出したらいいのか悩むことでしょう。

その場合、ネットにレンタルショップを開いてみるといいでしょう。無料でネットショップを開くこともできます。お客さんの反応を見ながら少しずつレンタル商品を増やしていくのが年収1000万円への道です。

セールスコピーライターで1,000万円稼ぐ

あまり知られていない仕事にもかかわらず需要が多く、能力が収入に結びつくのは「セールスコピーライター」の仕事です。

セールスコピーライターがおすすめの理由

これといった資格が必要な仕事ではありません。必要なのは明確な理論とそれを使いこなす技術だけです。

ネットに文章を書いている人は、そのほとんどが素人です。元が紙媒体のものを記事にしている場合をのぞけば、ほぼ全員がこれといったスキルのない普通の人です。ネットではこれといったスキルがなくても売れるものはある程度売れます。また、ネットに氾濫する文章は、少しくらい乱れていたり言葉がおかしくてもあまり問題になりません。

ネットで何かを検索する人が一番望んでいるのは、その対象となる物事についての情報です。そういう人にとって、多少変な日本語もそれほど気にはなりません。

セールスコピーライターの仕事

しかし実際のところ、ネット上で自分が売りたいものをうまく見せ、読者が買いたい気にさせるにはスキルが必要です。ネットライティングの技術が欠かせません。またサイトの記事タイトルを適切に選ぶことで、サイトに集まる読者の数は飛躍的に増加します。

どこかでクリックをしてもらいたい場合も、どこにそのクリックを挿入するかでクリック率は全く変わってきます。

セールスコピーライターは、そのようなネットで何かを売っていくためのスキルを身につけて、見込み客をサイトに引き込み、ものを売っていくための最善策を提案する職業です。

セールスコピーライターの稼ぎ方

セールスコピーライターは歩合制で契約します。すでにある企業のサイトを作り変えて、実際に売上が伸びた場合、その売上増加分の何%かを企業から支払ってもらうといった契約があります。

企業とサイトの規模にもよりますが、ほとんどサイト経由では売れていない地元メーカーの売上が毎月10万、20万円増加するということはありそうです。かりにその20%が報酬だとすると毎月2万円の収入です。1回サイトを作れば、しばらくは作業が必要ありませんので、これは不労所得になります。

このようなサイトを毎週1つ作成すれば、1年後には約50の実績が作れます。それぞれから毎月2万円ずつ収入を得ることができれば、合計で100万円です。この計算でいけば、遠くないうちに年収1000万円を達成することができることがわかってもらえると思います。

セールスコピーライターになる方法

コピーライティングは多くの人が知らないため、学ぶとすぐに武器になります。しかし実はコピーライティング自体はそれほど難しいものではありません。誰でもネットでビジネスはできます。ただコピーライティング技術とは、いってみればちょっとしたノウハウの積み重ねなのです。ネットビジネスに役立つ技術を意識的に利用するのがコピーライティングなのです。

わざわざ授業料を支払って学校に通う必要はなく、マニュアル本もそれほど効果なものではありません。『コンテンツ・マーケティング64の法則』(アン・ハンドリー著)という本がありますが、この1冊があれば、必要な考え方はほぼすべて学ぶことができます。年収1000万円を目指すにはもっとも簡単な方法かもしれません。

アフィリエイトで1,000万円稼ぐ

アフィリエイトはインターネットで集客し広告を通してものやサービスを買ってもらうビジネスです。インターネットを使わない人はほとんどいないといっていいような時代で、ネット経由でものを買う人も非常に増えてきました。漠然と何かを求めている人に、具体的な商品やサービスを紹介するのが王道のアフィリエイトビジネスです。

アフィリエイトビジネスはうまくやればとても儲かるビジネススタイルです。軌道に乗ればサラリーマン並みの収入を得ることはもとより、スーパースターになると年収が億単位とも言われています。

初期投資額もごくわずか

まずコンピューターとネット環境は絶対的に必要です。あとはブログを制作するにはサーバーを借りなければなりません。この費用が毎月500円から数千円掛かります。最初は安いものを使い、だんだん注目してくれる人が増えたら、サーバーを増強するという考えでもいいでしょう。

必要な投資はこれだけです。その次に広告業者と契約を結ばなければなりません。登録自体は簡単ですが、登録に際しブログの情報を求められることが多いので、最初にブログを作ってそれから広告業者に登録しましょう。

準備するのはこれだけです。問題は何を発信するかということです。これは最重要事項です。大きく分けて2つのやり方が考えられます。ネットでよく検索される分野のブログにするという方法と、自分自身が詳しい分野の情報を書いていくと方法です。

この両方が備わっていると稼ぐブログが作れます。ネットでよく検索される分野といえばダイエット・健康・レシピ・コスメ、それに芸能関連です。このような分野の面白い情報をブログに書いて、あとは広告を貼り付けるだけです。

 

ブログを見た人が広告をクリックして、その商品を購入すれば、それだけで売れた金額の1%から20%ほどがブログ管理者に支払われる仕組みです。1万円のものが売れたとき、アフィリエイトの率が3%であれば、あなたは300円受け取ることができるというものです。

ネットユーザーの中にはある特定の商品の使い勝手やクチコミを知りたい人がいます。あなたは記事の中で使い勝手やクチコミを調べてまとめ、その商品の広告を貼っておけば、買ってもらえる確率がぐんと上がります。

アフィリエイト収入は不労所得になる

アフィリエイトが注目されるのは記事を書くことが資産構築になるという点です。昨日書いた記事から収入を得るだけではなく、3ヶ月前に書いた記事からも収入を得ることができるのです。記事を書き溜めていけば、いつかはあまり作業をしなくてもアフィリエイト収入が毎日入ってくるということになります。これはほとんど不労所得です。

今頑張っていい記事を書けば、今後もその記事が儲けてくれます。これがアフィリエイトのいいところで注目されているところなのです。

アフィリエイトに収入の上限はない

この不労所得に上限はありません。あなたがいい記事を作り、Google検索がその価値を認め、読者が満足すれば、あなたのアフィリエイト収入はどんどん増えていきます。

稼ぐ記事をたくさん作っていけば、年収1000万円は難しいものではないのです。そしてある程度稼ぐ記事が溜まったら、あとはそれほど苦労しなくても、ブログが勝手に儲けてくれるようになるわけです。

一般人でもノーリスクで1,000万円稼ぐ方法

このように多くの人が「自分には無理」と決めつけていた年収1000万円も、アイデア次第で達成できるということが分かってもらえたと思います。今回はいろいろある稼ぎ方のうち、「一般人でもノーリスクで稼ぐ方法」を紹介しました。

年収1,000万円稼ぐためにはアイデアが必要

だれでもリスクは取りたくないものです。特に現在それなりの仕事についている人であれば、「あわよくば」もっと儲かる仕事を見つけたいと思っていることでしょう。そういう人は「これだけの投資をすればこれくらい儲かる」と説得されても、あまり関心が持てないのではないでしょうか?今回事実上ノーリスクの仕事を紹介したのはそういった考え方からです。

上に紹介した5つの仕事はリスクはないのですが、アイデアは必要です。またそのアイデアを実現するためのスキルやノウハウは必要です。スキルやノウハウはそれほど難しいものではありません。少し勉強すれば習得できるものです。

結局、年収1000万円を実現するのはアイデアしだいと言えるでしょう。誰もがやっていることではなく、まだ誰もやっていない自分だけのアイデアをいかに見つけるかが勝負の鍵を握ります。

どのようなアイデアがあるかはそれぞれの仕事紹介の中で例示しました。それを参考にして、あなたのアイデアを実行に移してみて下さい。顧客が見つかれば、あなたは社会に貢献したということです。顧客が見つからなければ、あらたなアイデアを探せばいいのです。失うものはほとんどありません。

とにかくはじめることの重要性

ノーリスクであるということは失敗を気にする必要がないということです。うまくいかなかったらやめるだけのことです。やり続けていれば、必ずどこかに当たりがあるはずです。途中で投げ出さず、成功するまで何度でもチャレンジすることです。

年収1000万円を稼ぎたいのであれば、できそうなことはすぐに始めてみることをお勧めします。時間が許す限りできることは全部やってみて下さい。兼任してはいけないということはありません。代行サービスをしながらレンタルビジネスをしたっていいのです。

要は今できることをすべてやることです。普通の人が年収1000万円稼ぐには必要なことです。自分の得意分野から初めて、改良を加えたり、事業拡大をしたりします。そうこうしているうちに気がつけばそれなりの収入になっているものです。

若いフリーターでもチャレンジできる

ノーリスクであるということは20代から30代前半くらいの若いフリーターの人にもできるということです。現在正社員として働いていない正社員になろうと頑張るよりも、起業して実業家になったほうが成功する確率が高いかもしれません。もし正社員になれても年収が1000万円に達することはないでしょう。それに比べれば自分で稼ぐ収入に上限はありません。

アメリカでは若者の夢は大会社のサラリーマンになることではなく、起業家として成功することです。日本でもそのような波がいずれ到来するでしょう。アイデアビジネスというニッチビジネスは早いもの勝ちです。ニッチビジネスに参加する人が増えないうちに、自分のビジネスを確立したほうが成功する確率は高くなります。そういう意味でも今すぐビジネスを始めたほうがいいのです。

年収1,000万円以上稼げる企業に転職する方法

年収1,000万円以上稼げる企業に転職するのも、立派な年収1,000万円を稼ぐ方法と言えます。

では、年収1,000万円を超える企業に転職するためには、何を意識した方が良いのでしょうか。

ハイクラス転職サイトで求人を紹介してもらう

登録することで無料で転職のサポートを受けられる転職サイトですが、年収1,000万円を超える企業に転職するのであれば、ハイクラス求人を扱った転職サイトを利用しましょう。

ハイクラス転職サイトでは、高いキャリアと実績を積み重ねた方向けの求人を多く取り揃えており、高い年収の企業に転職したい方に一番向いています。

求められる能力や前提となるキャリアは高いものが必要となりますが、ちゃんと条件を満たしており、上手に転職活動を進めることができれば、年収1,000万円の企業に転職することも夢ではありません。

ハイクラス転職サイトについては、こちらの記事で詳しく解説しているので、合わせて参考にしてみてください。

ハイクラス転職に向いたエージェントとは?人気ランキングからチェック

職歴と持っているスキルを積極的にアピールする

一般的な転職活動でも、スキルやキャリアのアピールは重要となりますが、年収1,000万円の企業を目指すのであれば、その重要度はさらに増してきます。

先ほども紹介しましたが、年収1,000万円以上の企業に転職するには、生半可なスキルやキャリアでは通用しません。

例えば一般的な企業であれば英検2級程度あれば十分ですが、年収1,000万円以上の外資系企業なら、英検1級を条件としている企業もあります。

英検1級は毎年合格率が10%前後となっており、非常に難易度の高い資格の1つとなっています。

ただ逆に言えば、それだけのスキルを持っていれば、年収1,000万円以上の企業にも入社できるチャンスがあるということになります。

年収1,000万円に見合ったスキルやキャリアがあるのなら、積極的にアピールして内定を貰っていきましょう。

関連する資格取得を先に目指す

ハイクラス転職ではスキルをアピールするのが大切ですが、そのスキルを一目見ただけで面接官にアピールできるのが資格です。

ただ先述したように、英検1級レベルの難易度の資格でなければ、履歴書に書いても年収1,000万円の企業への転職活動では意味がないでしょう。

司法試験や医師国家試験のような国家試験は非常に難易度が高く、働きながら勉強して取得するとなると非常に長い時間が掛かってしまいます。

それならいっそ今勤めている企業を辞め、将来の年収のために空白期間を作って資格取得を目指すのも良いでしょう。

空白期間は転職においてネガティブなイメージがありますが、資格勉強のように転職に向けた準備をしていたと説明すれば、面接官に好意的にとられることが多いです。

難しい資格へ向けて努力をすれば、見返りとして高い年収を手に入れることができます。

空白期間を作ってでも年収1,000万円に向けて資格取得を先に目指してみるという選択肢を取ってみるのもおすすめです。

まとめ

年収1,000万円を稼ぐ仕事はさまざまありますが、どの仕事にも共通するのは生半可な努力では年収1,000万円を稼ぐことは難しいということです。

年収1,000万円稼ぐためには相応の努力とアイデア力、そしてチャレンジ精神が必要となります。それらがあっても年収1,000万円稼ぐことができない方も居るため、その門は狭きものとなります。

しかし、その努力を乗り越えれば年収1,000万円という高いステータスを得ることができ、生活にも大きなゆとりが生まれます。

そのためにも、常に努力を怠らないようにし、年収1,000万円という夢を叶えていってください。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 年収500万以上稼ぐために必要なことは何?

  • 年収400万円って平均?少ない?年収400万円の仕事と内容とは?

  • ボーナスが出ない会社の割合は?ボーナスありの会社に転職する方法

  • 年収800万円稼ぐってどんな仕事?手取りや職業、住宅ローンなど大解剖

  • 年収1000万稼ぐ職業を調査。手取りや税金の実態を暴露