1. 転職マニア
  2. 転職
  3. フリーターの転職
  4. 【絶対やってはいけない!】フリーターが転職で気を付けるべき服装のポイントとは

【絶対やってはいけない!】フリーターが転職で気を付けるべき服装のポイントとは

フリーターの転職   1,322 Views

企業への転職では、服装に気を付けなくてはいけません。しかしフリーターとして働いていると、細かい服装のマナーが分からない方が多いです。では転職で採用される服装とはどんな服装なのでしょうか。

今回はフリーターが気を付けるべき、転職時の服装について解説します。

フリーターが転職の服装で思う疑問

まずはフリーターが転職時の服装について思う疑問を見てみましょう。

服装が採用率に影響するの?

そもそも服装が転職の採用率に影響するのかどうか、根本的な部分が気になっているフリーターが多くいます。

結論から言うと、服装は採用率に大きな影響を及ぼします。そもそも転職活動を好きな服装で行っていると、ほぼ全ての企業に転職することができなくなる可能性が高くなるでしょう。

アルバイトであれば服装自由で面接を受けられることも多いですが、企業に関しては基本的にスーツで転職活動を受けなくてはなりません。企業への転職活動では、転職者にビジネスマナーがあるかどうかが見られています。

服装は転職者を見ただけでどの程度ビジネスマナーがあるのかが判断できるため、ビジネスマナーに則った服装でないと、採用される可能性が限りなく低くなってしまうのです。ですので採用率を落とさないためにも、基本的に服装はビジネスマナーを意識したものにしてください。

転職説明会や面接で服装自由の時は好きな服装で良いの?

時折、転職説明会や面接で「自由な服装でお越しください」と記載されている場合があります。企業側が服装自由と表記しているのであれば、好きな服装で転職説明会や面接に臨んでも良いように思えます。

確かに服装自由と表記されているのであれば、好きな服装をしていても問題ありません。しかし実際に転職説明会や面接に行って周りを見渡してみると、ほとんどの方がスーツ姿となっているでしょう。

このように服装自由という体をとっているものの、暗黙の了解としてスーツで行くのが一般的となっています。企業の採用担当に対して行ったアンケートでも、服装自由の際に着てほしい服装をスーツと答えた方が約4割いました

企業の中には気候や季節を考えて涼しい格好をしてほしかったり、リラックスして面接を受けてほしいと考えている企業もあります。ですが服装自由でもスーツを望んでいる企業が多いため、基本的にはスーツを着ていくのが無難であるといえるでしょう。

私服OKな企業はあるの?

私服OKで正社員として働ける企業も、もちろん存在しています。他企業や顧客と接する機会が多い企業であれば、自分が企業の代表として向き合う必要があるため、企業全体のイメージを悪くしないためにも、スーツを着ていなければいけない場合が多いです。

そのため営業職などはほぼ必ずスーツを着なくてはいけません。対して他企業と関わることが少ないシステムエンジニアなどは、私服OKの企業が比較的多くなっています。

とはいえどんな業種かに関わらず、私服OKかどうかは企業の方針によるため、私服OKの企業が少ない業種でも私服で働いて良い企業はままあります。

そういった情報は求人情報や採用情報、実際に企業で働いた方の口コミなどで確認できるので、私服で働きたいという方は、それらをくまなくチェックするようにしてください。

フリーターが転職で意識すべき服装「男性編」

ここからはフリーターが転職の際に服装で気を付けるべき点を解説していきます。まずは男性の服装から確認してみましょう。

スーツは落ち着いた色のものを選ぶ

スーツは落ち着いた色のものを選ぶのがベストです。具体的には黒やグレーのように暗めのモノトーンカラーや、濃い目の紺色などが良いでしょう。

ただ人によって色の感覚はさまざまで、自分が地味だと思う色でも、ビジネス的には派手であることもあります。転職で着たい色のスーツを見つけたら、店員に転職活動で使っても問題ないかどうか聞いてから買うようにしましょう。

またスーツの柄も、目立たない程度のストライプくらいなら問題ありません。あまりにも目立つストライプだとカジュアルさが出てきてしまい、転職で着ると採用率が落ちてしまう恐れがあります。

近くで見て初めてストライプと分かるくらいの柄に抑えるようにして、自己主張の強すぎるスーツは選ばないように気を付けてください。

スーツで覚えておきたい注意点①「サイズ」

スーツは転職時の服装で最も目につく部分なので、気を付けるべき点が他の部分よりも多くあります。まずはサイズです。スーツのサイズは大きすぎず、小さすぎないジャストサイズのスーツを着るのが理想です。

高いスーツだから良いということは無く、高くてサイズが合っていないスーツよりも、それなりの値段でジャストサイズのスーツの方が、採用担当や面接官に良い印象を与えます。

ジャストサイズのスーツを着るなら1番良いのはオーダーメイドでしょう。オーダーメイドのスーツは値段が張りますが、必ずジャストサイズのスーツを着ることができます。

また転職後も見栄えの良いスーツを着続けることができるため、同僚や他企業の方などからの印象も良いものとなるでしょう。

スーツで覚えておきたい注意点②「リクルートスーツは使わない」

リクルートスーツは新卒者就職活動の中で使うスーツのことを指します。高校や大学の就活で使ったり、大学の入学・卒業式で着ていて持っている方も多いかと思います。しかし転職活動ではご法度とされています。

リクルートスーツはビジネススーツに比べて相場が非常に安価です。なぜならリクルートスーツは基本的にウールやポリエステルでできているため、普通のスーツと並べると貧相に見えてしまいます。

リクルートスーツは見たらすぐに分かってしまうため、採用担当にも「リクルートスーツを使いまわしている」と気づかれ、評価が下がってしまう恐れがあるのです。

さらに転職時に使ったスーツは入社時にも使いまわせるのですが、やはり普通のスーツの中にリクルートスーツの方が混じっていると、悪い意味で浮いて見えてしまいます。ですので転職活動ではリクルートは使わず、新たに転職活動用のスーツを購入するようにしてください。

ワイシャツは無地で白いものにする

スーツの中に着るワイシャツは無地で白いものを着るのがビジネスマナー的にも無難なのでおすすめです。

ワイシャツにも青やピンクのように派手な色の物があったり、分かりやすい柄が入っているものがありますが、全てカジュアルなイメージを採用担当に与えてしまうので、転職活動では控えてください。

ワイシャツの中に着るTシャツも柄が派手で無く、目立たないものを着ると良いでしょう。インナーは案外ワイシャツから透けて見えるものなので、そこで派手な柄や色が見えてしまうと、評価が落ちる可能性があるので注意してください。

また、襟もハイネックやVネックではなく、一般的な丸首のTシャツを選ぶのが無難です。逆にワイシャツの中に何も着ないのも良くありません。

目立たないTシャツを中に着て、インナーも転職活動に合わせたものを選ぶようにしましょう。

小物も落ち着いたものをチョイスする

スーツ・ワイシャツ以外の小物や細かい部分も、フォーマルで落ち着いたものをチョイスするのが採用率を落とさないコツとなります。

細かくて見られないから大丈夫と思う方も居るかもしれませんが、案外採用担当は細かい部分までくまなくチェックしており、気になる点があればそれが評価に繋がるので気を付けてください。

では小物で気を付けたい部分を1つずつ確認していきましょう。

ネクタイ

スーツなど、転職活動での服装には黒やグレーといった色を選ぶのが良いのですが、ネクタイに関しては比較的好きな色を選びやすい傾向にあります。

最も無難なのは青や紺色で、何色のネクタイを選んで良いのか分からない方は迷ったら青か紺のネクタイを買うと良いでしょう。

また黄色も親しみやすさがあり、面接官に柔らかな印象を与えます。緊張で堅くなりがちという方は黄色のネクタイをチョイスしてみてはいかがでしょうか。ただ赤いネクタイは派手すぎて転職活動に使うのはあまりおすすめできません。

また柄も落ち着いたものなら良いですが、あまりにも派手すぎると悪印象を与えてしまいます。キャラクターものやブランドのロゴが目立つものは避け、無地やストライプ、水玉、チェック柄のネクタイを面接ではつけていくようにしてください。

靴下

靴下は立っている時こそ見えませんが、面接で椅子に座ると裾が捲れ上がり、靴下がはっきりと見える状態になります。そこで油断してカジュアルな靴下を履いていると、面接官にもはっきり見えてしまうので気を付けるようにしてください。

転職活動ではスーツの色に合わせて黒やグレー、濃い紺色の靴下をチョイスするのが良いです。柄はワンポイントがあるくらいの目立たないものを履きましょう。また短くて裾が捲れると素肌が見えてしまう靴下も、転職活動の場では見栄えが悪くなってしまいます。

捲れても肌が見えないくらい長い靴下を履き、清潔感を持った服装を意識するようにしましょう。

靴は革靴を選ぶのが一般的です。スニーカーのようなカジュアルな靴は避けるようにしてください。革靴もピンからキリまでありますが、安い革靴は見た目で分かりやすいため、少なくとも1万円はする靴を選ぶと、面接官に悪印象を与えることがなくなります。

色は黒が一般的ですが、濃い茶色の靴でも問題ありません。ただ今後も使うのであれば、仕事からプライベートまで幅広く使いやすい黒を持っておくのがおすすめです。

面接に向かう前に靴を磨いておくと、採用担当にも良い印象を与えられます。また靴を長持ちさせたかったり、面接の日に雨が降ってしまったりした場合は、事前に滑り止め加工をしておきましょう。

靴の寿命が長くなり、不意の雨でも転ぶことなく安全に面接に臨むことができるようになります。

かばん

基本的にかばんもカジュアルすぎないビジネスバッグを選びましょう。ただあまりにも高いかばんをわざわざ買う必要はありません。書類さえ入れば問題無いので、その分のお金で少しでも良いスーツや靴を買うようにしてください。

ビジネスバッグはほぼ黒ですし、素材もあまり気にする必要はありません。ただ面接時は足元に置くため、倒れないように自立できるくらいの幅があるものを選ぶと良いでしょう。

今後の仕事でも使えるものなので、適当に決めたりせず、自分にとってちょうど良い機能や大きさのビジネスバッグを選ぶようにしてください。

アクセサリー

基本的には面接ではアクセサリーをつけるのはNGです。ただ宗教上の理由などでどうしても付けなくてはならないアクセサリーがある場合は、事前に説明しておき、面接官に余計な悪印象を与えないように気を付けてください。

ただ結婚指輪に関しては、面接中でもつけていて問題ありません。結婚指輪をつけて良いのかどうか迷っている方は、気にせず堂々とつけて面接に臨みましょう。

また失敗しがちなのが財布につけるウォレットチェーンです。アクセサリーとしてだけではなく、財布を無くさないためにつけている方も居ますが、足元からチェーンが垂れていると非常に見栄えが悪いです。転職活動ではウォレットチェーンを外し、自分で財布を管理するようにしましょう。

清潔感のある身だしなみを心掛ける

面接では転職者に清潔感があるかどうかがかなり重要視されます。これは転職後の周りの士気にも関わるほか、他企業の方と接する際に清潔感が無いと企業自体の印象を悪くしてしまう恐れがあるからです。

企業の印象が悪くなれば売り上げも落ち、企業の利益が減ってしまいます。そのためにも清潔感のある転職者を企業は欲しているのです。スーツのしわや毛玉などには注意を払い、誰が見ても清潔に思える服装を心掛けましょう。

髪型・ひげ・爪も気を付ける

髪型も清潔感を左右するポイントです。前髪で眉毛を隠したり、耳が髪にかからないようにするなど、顔の印象がよく分かるのであれば短髪でも長髪でもあまり問題はありません。

長髪ならワックスでオールバックにしてまとめるなど、顔が隠れず髪がボサボサにならないように気を付けて髪型をセットしていきましょう。

またひげも無精ひげだと不潔な印象を与えてしまいます。生やしているだけでも良い印象を持たない面接官が多いので、面接の時はひげを全て剃るようにしてください。

加えて細かい点ながら清潔感が出てしまうのが爪です。爪をちゃんと切っていないことも不潔な印象を与える原因になるので気を付けてください。爪を切るときは必ず爪切りで切り、爪を磨けるなら磨いておいた方が清潔感をアピールできます。

これらのポイントもしっかりおさえ、面接で清潔なアピールを怠らないようにしてください。

フリーターが転職で意識すべき服装「女性編」

次は女性の転職者の場合です。男性とは基本的な服装が違う分、注意点も変わってくるので、女性特有の注意点に気を付けて転職活動に臨みましょう。

スーツはスカートでもパンツでもOK

女性の場合、スーツスタイルだとボトムスをスカートにするかパンツにするかで選択肢が生まれます。基本的にはどちらでも問題ありません。好きなスタイルで転職活動を進めていくと良いでしょう。

多いと言われているのはスカートですが、パンツはアクティブな印象を与え、面接官にスカートの転職者とはまた違った印象を与えられます。

ジャケットは必ず着ること

スカートであれパンツであれ、トップスには必ずジャケットを着るようにしてください。ただし無地や黒いジャケットはリクルートスーツのような印象を与え、転職には合っていません。

だからといって派手すぎる色もNGなので、目立たない程度のストライプなどが入ったジャケットを選び、転職に合った服装を心掛けていきましょう。

シンプルな白いブラウスをインナーにする

ジャケットのインナーには無地の白いブラウスを着るようにしましょう。男性と同じくシンプルで派手すぎないものをチョイスするのが、上手な転職時の服装と言えるでしょう。

女性の場合ワイシャツでも良いのですが、就活生のような雰囲気が出てきてしまうため、ブラウスやカットソーの方が転職活動に合っています。

色は白が一番ですが、それ以外にも薄いピンクや青、ベージュなどが良いでしょう。色が濃いとカジュアルさが出てきてしまうので、そうならないようにフォーマルな薄めの色を着ていくようにしてください。

またシャツにはフリルやレースがついていても問題ありませんが、こちらも派手なものは転職には向いていません。明るい印象を与えつつ、派手すぎない服装を意識してコーディネートしていってください。

ストッキングはシンプルなベージュにする

女性特有の服装となるのがストッキングです。ストッキングはシンプルなベージュのものを穿くのが無難です。

ストッキングには黒などの色付きがあるものが多いですが、色がついているものはカジュアルな印象が強くなってしまうため、転職では避けるようにしてください。

入社後に派手なストッキングを穿いていると、同僚や他企業の方に悪印象を与えてしまいがちです。

また柄つきのストッキングも避けた方が転職には有利に働きます。デニールは季節によって変えると季節感が出て、面接官に良い印象を与えられます。夏場なら10~20の薄手のものを、冬場なら20~30の厚手のものがちょうど良いです。

ストッキングは女性転職者特有のアイテムですので、注意して転職に合ったものを選びましょう。

メイクや髪型・アクセサリーも派手すぎないことを意識する

女性ならメイクやアクセサリー、髪型で転職でもおしゃれをしたいという方も多いでしょう。まずメイクですが、派手なメイクは避けてナチュラルメイクを心掛けるのが一番です。顔色がよく見えるように見えるメイクを心掛け、つけまつげもナチュラルなものだけをつけるようにしてください。

また企業ではネイルを禁止しているところもあるため、ネイルは全て落としてから面接に行くのが無難です。

髪型は長い髪型ならまとめた方が明るい印象が与えられます。前髪が目にかかる方は、横に切って目や眉毛がはっきり見えるようにしましょう。

アクセサリーはネックレスやピアスは派手過ぎなければOKですが、指輪は結婚指輪以外はNGです。

転職でアピールするのはおしゃれではなく自分です。自分という存在が霞んでしまわないように、おしゃれはほどほどにして、自分をアピールする文言を考えるようにしてください。

服装と共に気を付けたい転職のポイント

服装のほかにも転職では気を付けたいポイントが多く存在しています。ここからは服装と一緒に気を付けたい転職のポイントをご紹介します。

アルバイト歴を積極的にアピールする

転職活動ではアルバイト歴もアピールポイントとして利用することができます。確かに転職活動では正社員としての経歴の方が有効である場合が多いですが、だからといってアルバイト歴が転職で軽視されるということはありません。

また就活とは違うので学歴もあまり気にしなくて良いです。今までのアルバイト歴からどんなスキルを手に入れ、何を学んで、それを仕事にどう活かしていけるのかを強くアピールしていきましょう。

ただし企業としてはすぐに辞めてしまう転職者に入社されるのは困るため、自分が長く働けるアピールをすることが重要となります。

ネガティブな評価
アルバイト歴が短い職歴が多いと「入社してもすぐに辞めてしまう」という印象を面接官に与えてしまうので、短すぎる職歴は履歴書には書かないようにしましょう。

少なくとも3ヶ月以上働いたアルバイト歴だけを記載し、自分は入社しても長く働けるというアピールも忘れないようにしてください。

空白期間を突っ込まれても正直に答える

フリーターとして生活している間、職歴が無いいわゆる空白期間がある方も多いかと思います。空白期間にも転職活動や資格勉強に集中するためといったポジティブな理由から、働きたくなかったというネガティブな理由まで、人によってさまざまな理由で生まれます。

ポジティブな理由であれば、アピールすることで転職に対する熱意が伝わり、採用率を高めることができるでしょう。問題はネガティブな理由の場合です。この時面接官の心証を良くしようとして、ネガティブな理由を隠して嘘の理由を話す転職者がままいます。

面接の中でこちらがアピールしたことについては、ほぼ必ず深い質問がなされるため、嘘をついてしまうと深く突っ込まれたときに答えに詰まり、嘘がバレてしまう可能性が非常に高いです。嘘がバレれば当然面接官の心証も最悪のものとなり、その企業への転職はほぼ絶望的となるでしょう。

そうならないためにはネガティブな理由でも、正直に答えることが一番です。ネガティブな理由をポジティブに変換できれば、面接官の心証も良くなりますし、できなくても面接官の心証は最低限の所で留まります。

ですので履歴書や面接では絶対に嘘をつかないようにしてください。

企業をしっかりリサーチしてから目指す企業を選ぶ

転職をちゃんと成功させるには、企業をリサーチし、環境に納得できる企業を見つけてから目指すのが一番です。そもそも転職の成功とは、希望の企業に入社することではありません。

自分にとって働きやすく、定着できる企業に転職することで本当に転職に成功したと言えます。入社してみたら仕事内容や職場環境、人間関係などが理想と違い、すぐに辞めたくなる企業に入社しても転職に成功したとは言えないでしょう。

定着できる企業を見つけるためには、求人情報だけを見て企業を決めるのではなく、企業の詳しい仕事内容や環境などをリサーチし、ここなら働き続けられると納得した企業への転職を目指すのが良いです。

企業をリサーチするのであれば、実際に企業に勤めた方が書き込みをしている口コミサイトや、転職サイトのエージェントサービスで企業についてリサーチしてもらうのが、信憑性も高く十分な判断材料となるのでおすすめです。

焦って求人だけで転職先を決めるのではなく、時間をかけて企業をリサーチし、定着できる企業を目指すようにしましょう。

未経験でも転職できる企業を目指す

アピールできるスキルが少なくても、スキルや経歴関係なく未経験でも採用されやすい企業があるので、そういった業界に絞って転職活動を進めていくのも上手な転職のやり方と言えるでしょう。

未経験でも転職されやすい業界として、まず旅行業やプログラマーが挙げられます。旅行業は外国人観光客の爆発的な増加で、プログラマーはインターネットやIT産業の需要が増加して、未経験でも人材を増やして仕事を回せるようにしたい企業が増えています。

研修も充実しており、未経験でも研修で旅行やプログラミングの知識が得られる企業も多くなっているので、安心して働き始めることが可能です。

また企業の第一歩として働くなら営業職や事務職がおすすめです。ほぼ全ての企業で必要となる職種で、未経験でも採用されやすいため、営業職や事務職から希望する部署に異動して働きたい仕事を目指すことも可能です。

人材不足で未経験でも採用されやすい業界としては介護職があります。体力が必要な仕事ですが、未経験から国家資格を取得できる可能性があるため、努力次第で待遇を良いものにしていくことができます。

このように未経験でも転職しやすい業界を目指し、そこから努力して納得のいく待遇を目指すのも選択肢の1つです。選択肢の幅を狭めてしまわないように、こういった道があることも頭に入れて目指す企業を見つけていってください。

転職サイトでスムーズに転職する

転職サイトとは登録すれば無料で転職支援を受けられるインターネット上のサービスです。転職に慣れていないフリーターでも、自分に合った求人や履歴書、面接での採用率を挙げる方法をレクチャーしてもらえるなど、不安を抱えることなく転職活動を進めることができるようになります。

企業のリサーチも行ってもらえるので、転職が本当の意味で成功する可能性も高くなるでしょう。インターネット上のサービスなので働きながらでも、スマホで転職活動を進めることもできます。

このようにフリーターにとって至れり尽くせりのサービスとなっているので、転職を目指すフリーターに特におすすめとなっています。自分に合う転職サイトを見つけたい方は、こちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

まとめ

転職活動では服装が採用率に大きく関わってくるため、ビジネスマナーや面接に適した服装を着ていくようにしてください。男女ともに言えるのが、スーツやインナー、靴下やアクセサリーまで、全て色や柄が派手なものは避けるようにすることです。

カジュアルな印象を与え、面接官に悪印象を与えるので転職活動では控えるようにしてください。面接で売り込むのはおしゃれさではなく自分です。面接ではおしゃれを我慢し、自分が入社できるためのアピールを忘れないようにしましょう。

また男性は結婚以外のアクセサリーはつけないようにし、女性は特にメイクに気を付けるようにしてください。清潔感のある服装を心掛け、希望の企業へ正社員として働けるように注意しながら転職を成功させていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • フリーターよりも仕事で稼げる!正社員に転職する方法とは

  • アルバイトは職歴に書いても大丈夫?フリーターの履歴書と職務経歴書の書き方

  • フリーターが転職で必要な理由とは?種類別に徹底解説

  • フリーターから中小企業診断士に転職するには?仕事内容とメリットデメリットを紹介

  • 30代でフリーターを続けるリスクとは?30代フリーターが正社員に転職する方法

  • フリーターが入るべき保険とは?正社員とフリーターの保険の違い