1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 看護師転職
  4. 大阪の看護師転職
  5. 大阪大学医学部付属病院の評判~給料・年収・日勤・夜勤なし・ブランクは?

大阪大学医学部付属病院の評判~給料・年収・日勤・夜勤なし・ブランクは?

 2018/09/07 大阪の看護師転職   1,337 Views

大阪大学医学部付属病院は、大阪府内においての新卒看護師にとって最も注目されている病院であるといえます。

1日当たりの受診者数においては2500名を超え、入院者数においては1000名ほどである大規模病院です。年間1万件を超える手術を行い、先進的ながん治療や臓器移植なども行っている病院ですから、それらの高度な急性期医療のなかで看護実践を学びたいと考えている志の高い看護師が少なくないのです。

また看護師に対する教育に対しても、かなり積極的に行われており、研究熱心で専門知識を有している看護師がたくさん配置されています。

ここでは、大阪大学医学部付属病院の評判から、その特徴についてみていきたいと思います。

当サイトから登録が多い看護師転職サイト

看護師転職サイト エリア
看護のお仕事 全国
ナースパワー人材センター 全国
マイナビ看護師 関西のみ
ナースではたらこ 全国

大阪大学医学部付属病院とは

大阪大学医学部付属病院は、江戸時代後期に活躍した、医師である緒方洪庵によって設立された病院です。明治2年に設立された浪華仮病院がその前身となる病院で、緒方洪庵の次男である緒方惟準(これよし)が初代の院長として運営が行われるようになりました。

理念は緒方洪庵の思想を今でも受け継いでいて、良質な医療の提供と人材育成、医療発展の貢献に取り組んでいます。

詳細情報

【病院の特徴】
大阪大学医学部付属病院は、明治2年、文部省直轄である浪華仮病院を設置し、 明治12年の現在の大阪市北区中之島に病院を移し現在に至ります。

大阪だけではなく、我が国の医療や医療人材育成教育、医療の発展に貢献するために、特定機能病院として先端医療を担っており、志の高い人が看護師として就業しています。

平成21年度からは地域がん診療連携拠点病院に指定されており、がん診療に対する最新の知識と設備を有し、先端的治療を提供している病院として注目されています。

【病床数】
1,076床/一般:1,024床、精神:52床
1日当たりの外来患者数:2515名、1日当たりの入院患者数:940名(2011年実績)

【診療科目】
循環器内科、腎臓内科、消化器内科、糖尿病・内分泌・代謝内科、呼吸器内科、免疫内科、血液・腫瘍内科、老年・高血圧内科、漢方内科、総合診療科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、乳腺・内分泌外科、小児外科、病理診断科、眼科,耳鼻咽喉科・頭頸部外科、整形外科、皮膚科、形成外科、リハビリテーション科、神経内科・脳卒中科、神経科・精神科、脳神経外科、麻酔科、産科婦人科、小児科、泌尿器科、放射線診断・IVR科、放射線治療科、核医学診療科、セカンドオピニオン外来、補完医療外来、看護専門外来

【設置されている診療センターや部門】
臨床検査部別、手術部、放射線部別、集中治療部別、リハビリテーション部、総合診療部、血液浄化部、遺伝子診療部、化学療法部、放射線治療部、総合周産期母子医療センター、高度救命救急センター、内視鏡センター、超音波検査センター、脳卒中センター、前立腺センター、睡眠医療センター、疼痛医療センター、生殖医療センター、ハートセンター、小児医療センター別、オンコロジーセンター、呼吸器センター、てんかんセンター、消化器センター、IVRセンター、胎児診断治療センター、難病医療推進センター、子どものこころの診療センター、がんゲノム医療センター、糖尿病センターなど

採用条件など

大阪大学医学部付属病院は、新卒の採用を積極的に行っていますが、随時中途採用も行っています。定期的に看護師の採用を行っていますので、気になる人は病院公式サイトの募集要項を見るようにしておきましょう。

看護師の募集内容は以下の通りです。

【勤務時間】
日勤:8時30分~17時15分
病棟夜勤:15時45分~翌日9時30分
手術部夜勤:15時15分~翌日9時00分
※2交替制勤務(一週平均実働40時間)
※夜勤回数は毎月4~5回程度(2017年度実績)

【給与】
4年大学卒:初任給 231,168円
3年過程卒:初任給 220,752円
2年過程卒:初任給 211,456円
※2018年1月現在 地域手当を含む
昇給:年1回(1月)
賞与:年2回支給(基本給の4.3か月分程度 ※平成29年度実績)
※特別賞与制度あり(各期109,000円、年間218,000円を加算支給)
※出産や留学など、一度職場を離れる人に有利
その他手当:扶養手当、通勤手当、住居手当、超過勤務手当、夜勤手当、夜間看護手当など

【給与例(3年目)】
4年大学卒:基本給 235,760円、諸手当 62,198円、 合計 297,958円
3年過程卒:基本給 229,376円、諸手当 61,488円、 合計 290,864円
※2018年1月現在の参考例

【休日】
4週8休制(交代制)
その他:国民の休日、年末年始、年次有給休暇(初年15日)、夏季休暇(3日間)、結婚休暇(連続する暦日5日間)、産前産後休暇、小学校就学前の子の看護休暇(年5日以内)、介護休暇(年5日以内)、忌引休暇、その他就業規則による

【福利厚生】
看護師寮:月5,073~7,525円、病院から数分~30分程度、オートロック式、フローリング、バストイレはユニットバスタイプとセパレートタイプあり、収納スペース、駐車場(月3,275円)
※女性専用ワンルームタイプあり
※オートロック式の安全設計
※敷地外宿舎は男性も入居可能
大学敷地内に2か所の保育所を設置(0歳児から利用可能)
※産後3年間の育児休業の取得や早期復帰後の短時間勤務にも対応
育児休業(子が3歳に達するまで取得可)、介護休業、短時間勤務制度(子の養育・家族の介護)、自己啓発休職 等

大阪大学医学部付属病院の内部情報

看護師の業務について

大阪大学医学部付属病院は、基本方針として患者本位の医療の提供を掲げており、それに伴う高度先進医療の提供や実践、地域への貢献や連携、人間味あふれる人材の育成を掲げています。

年間1万件を超える手術や2万5千件を超える抗がん剤治療、約60件の臓器移植などを行う病院で、高度な医療のなかで看護実践が行えるとして、志が高い看護師が多く就業しています。

新卒看護師や新採用の看護師には、ベテランの看護師が教育係であるプリセプターとなり、ルーティン業務から専門知識までサポートします。またプリセプターだけではなく、サブプリセプターも配置されるという教育の徹底ぶりが特徴です。

看護師教育はシステム化されていますので、基礎的な看護実践から医療機器の操作まで、マニュアルに沿って研修を行うことになります。そのためどの部署に配属されても、どの指導員に教育されても同じようにスキルを高めることができます。

新人看護師であっても患者さんの担当を受け持つことができますので、向き合って看護実践を行うことができます。そのなかで、先輩看護師からさまざまなアドバイスを受けることができ、多くの学びを得ることが可能で、看護の面白さを感じることができるでしょう。

さまざまプログラムのなかで覚えることも多く大変ですが、プリセプターに相談しながら業務を行うことができますので、確実に看護師としての実力をつけることができます。

残業、休み、有給消化など

大阪大学医学部付属病院は1日当たりの外来患者数は2500名を超え、入院患者数は900名を超えますので、それを支える看護師の業務はとてもハードであることは間違いありません。

新卒の看護師はかなり多く入職し、中途採用も随時行っていますが、人材が充足しているという状態ではなく、常に不足しているなかで業務をおこなわねばなりません。そのため日勤業務においても、遅くまで残業しなければならないことも珍しいことではありません。

また研修会や勉強会については、時間外で行われることが多く、スキルを高めるためには帰宅が遅くなることは仕方がないという雰囲気が感じられます。

ただしやはり国立大学の病院だけあって、休みの取得は確実にできますし、リフレッシュ休暇なども取得することができます。看護師は交代勤務ですから、お互いに勤務調整を行いながら希望休を取得することが可能です。

有給消化については、なかなか希望に応じて取得できるというわけではありませんが、看護師同士が融通しあいながら取得することは可能です。

人間関係はいいの?

大阪大学医学部付属病院では、プリセプターシップを導入しており、1年目の看護師には必ず先輩看護が教育係として指導を行います。通常のルーティン業務から専門的な業務まで指導を受けることができます。

業務のことで分からないことはいつでもプリセプターに相談することができますし、さらに認定看護師や看護師長など、レベルの高い看護師にも相談することができます。

看護師間のコミュニケーションはとてもスムーズです。厳しいのは間違いありませんが、厳しさのなかに優しさがあるといえますので、相談しやすい雰囲気です。

もともと国立大学の病院ですから、勉強熱心な人や向上心の高い人が多く、先輩看護師には仕事がかなりできる人も少なくありません。そのため尊敬されている看護師も多く存在し、その先輩看護師を目標にしている志の高い看護師も多いのです。

職場全体の雰囲気はよく、先輩看護師からも優しくも厳しい指導を受けることができますから、人間関係の良い職場であるといえるでしょう。

大阪大学医学部付属病院の評判からみた転職するメリット・デメリット

転職するメリット

1、看護師としてのスキルを高めることができ、高学歴の看護師も多い

大阪大学医学部付属病院は、理念を大切にしており、医療発展のために人材育成に力を注いでいます。看護師の教育には余念がなく、充実した環境のなかで看護実践を学ぶことができます。

教育システムはマニュアル化されており、プリセプターやサブプリセプターによって確実に業務を覚えることができ、専門知識を高めることができます。研修会や勉強会についても、専門知識を持った先輩看護師が行うもので、かなりレベルの高い看護実践ができる病院です。

国立大学が運営する大学病院ということもあって、大学院において独自に研究してきた看護師など高学歴の看護師も多く所属しています。同期の職員においても同様で、看護師としてのスキルを高めたいと考える志の高い人たちの集まりであるといえます。

それが大変であるともいえますが、より高いところで働きたいという人であれば、満足のできる職場であるでしょう。

2、人間関係はよく、モチベーションの高い人が多い

大阪大学医学部付属病院は、高度な医療を実践している病院で、それを求めている患者さんも多く来院されています。1日の通院患者数は2500名を超えますから、とても忙しいのは間違いありません。

しかしそれでも高度な医療の提供者であるという自覚が高く、少しでもスキルを高めようとするモチベーションの高い看護師がたくさんいます。

そのため大学病院の理念に共感する看護師は多く、その目標に向かってお互いに連携を図りながら業務に就いています。コミュニケーションはスムーズですから、人間関係は全体的に良好です。

もちろん看護実践は厳しいものですから、厳しい先輩もいます。しかし厳しいなかにも育てていこうとする優しさを感じることができ、業務に対するモチベーションはさらにアップする職場でしょう。

転職するデメリット

1、業務はかなり忙しく残業は当たり前、有給休暇の取得も難しい

冒頭から申し上げている通り、通院患者数や入院患者数は大阪府内においてトップレベルであり、その分看護師の業務もかなりハードです。日勤で出勤しても定時であがれるのは稀で、ほぼ毎回残業が待っているといっても過言ではありません。

また勉強会や研修会も盛んに行われますから、帰宅が20時や21時になることは当たり前です。出勤時にはプライベートを優先させることは難しいといえます。

毎月の休みはきちんと取得でき希望も出せますが、有給休暇の取得についてはなかなか思うようにできないという雰囲気があります。

また病棟にもよりますが、結婚や妊娠をした看護師で続ける人は多くありません。このような状況から、1年目の看護師でも退職する人が少なくないのが事実です。

2、給料査定がない

大阪大学医学部付属病院は国立ですから、公務員の給料に準じたものになります。そのためどれだけ業務を頑張ったとしても、それが査定となって給料に反映されるといったシステムはありません。

特別賞与制度が導入されているなど、報酬に関してはほかの病院と比べても高い部類であるといえるでしょう。

また高度な医療のなかで看護実践することができますので、スキルをどんどん高めていくことも可能です。

ただやはり人は誰かに認められたいと気持ちがありますから、査定の制度がないなかで高いモチベーションを持ち続けることは難しいことなのかもしれません。

まとめ

大阪大学医学部付属病院で看護師として働きたい人のために、評判など詳細をお伝えしました。

国立大学病院で、常に高度な医療を提供していることから、看護実践についても先進医療のなかで行うことができます。教育システムも充実していることから、確実にスキルを高めることが可能です。

さらに大阪大学医学部付属病院の内部情報を知りたい人であれば、看護師転職サイトに登録することをオススメします。担当コンサルタントが内部情報をしっかりと掴んでいますので、細かな人間関係や上司の性格などを知ることができます。

オススメの看護師転職サイトはこちらからご覧ください。

参考:大阪大学医学部付属病院 公式サイト

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 岸和田徳洲会病院の評判~給料・年収・日勤・夜勤なし・ブランクは?

  • 大阪赤十字病院の評判~給料・年収・日勤・夜勤なし・ブランクは?

  • 近畿大学医学部附属病院の評判~給料・年収・日勤・夜勤なし・ブランクは?

  • 大阪医科大学附属病院の評判~給料・年収・日勤・夜勤なし・ブランクは?

  • 市立豊中病院の評判~給料・年収・日勤・夜勤なし・ブランクは?

  • 大阪市立総合医療センターの評判~給料・年収・日勤・夜勤なし・ブランクは?