1. 転職マニア
  2. 企業
  3. サントリーホールディングスに転職するための必勝法を伝授します

サントリーホールディングスに転職するための必勝法を伝授します

企業   111 Views

大手の食品メーカーや飲料メーカーは就職先として人気が高いですが、その中でもサントリーホールディングスは非常に人気が高く就職ランキングでは常に上位にランクされています。

サントリーは、高い知名度やブランド力を持っていること、安定していること、積極的にグローバル展開していること、「やってみなはれ」の精神で社員に自由にチャレンジさせる社風を持っていることなど、数多くの魅力があるので学生が就職先として憧れるのも頷けます。

そんなサントリーを転職先として選びたいという人も多いのではないでしょうか。サントリーは中途採用を行っています。しかし常に積極的に採用を行っているわけではないので採用人数は少なく、転職難易度が非常に高い企業です。

転職難易度の高いサントリーですが、それでも転職する方法はあります。それは、「転職サイトや転職エージェントを有効活用する」ことです。転職サイトや転職エージェントを活用すれば、サントリーに入社するための「中途採用の情報収集」「選考対策」「待遇面の交渉」といった様々なメリットを得られるからです。

サントリーへの転職を実現するために、転職サイトや転職エージェントの有効活用の方法やサントリーの現在の状況や採用状況などを紹介します。

サントリーとはどんな会社?

誰もが知っているサントリーですが、どのような会社なのでしょうか。改めて会社の概要や労働環境などを説明します。

サントリーの会社概要、事業展開

サントリーホールディングスの資本金700億円、社員数は総勢39,466人、グループ会社は299社、連結の売上は2兆2,508億円(いずれも2018年末)の規模を誇り、食品・飲料メーカーでは日本有数の企業です。また、グローバル化も行っており海外企業の買収にも積極的です。

大手企業ではあるものの非上場企業であることもサントリーの特徴としても挙げられます。

サントリーの社風、歴史

サントリーの創業は1899年、創業者の鳥井信治郎氏が大阪で開業し、ぶどう酒の製造販売からスタートした企業です。その後日本初のウイスキーの製造販売やビール事業への挑戦、飲料分野での様々なヒット商品を産み出すなどサントリーは常に新しいものに挑戦しています。

そんなサントリーですから社風も挑戦的かつ積極的です。創業者の「やってみなはれ」の精神が今でも浸透しており、社員に対しては「何もしないことが罪」という気風があり、積極的に仕事に取り組む社員が出世する傾向にあるようです。

サントリーの労働環境

サントリーの労働環境について説明します。まず待遇について、サントリーの平均年収は1,145万円と2018年の有価証券報告書で発表されています(平均年齢44.4歳)。高い給与水準の企業であることが理解いただけるでしょう。

ちなみに平均在籍年数は18.8年と定着率の高さも窺えます。 ※https://www.suntory.co.jp/company/financial/pdf/securities_201812.pdf

次に評価制度について解説します。口コミ等を見ると、基本的にサントリーが年功序列なので在籍年数によって差が出ることに不満を感じている人もいるようですが、正当に評価してもらえるので満足している、という声も多数ありました。

ただ、実績を残せば評価されるものの周りに優秀な社員が多いので出世競争は大変なようです。サントリークラスの企業であれば致し方ないことかもしれません。

また、ワークライフバランスに関しては、サントリーが近年積極的に働き方改革に取り組んでおり、残業が少なく有給休暇や代休、半休の取得のしやすい環境のようです。メリハリをつけて働ける環境と言っていいでしょう。

サントリーの中途採用状況

サントリーに転職するために、まずは中途採用の状況や採用の傾向について解説します。

サントリーは頻繁に中途採用を行っていない

サントリーの採用ページでは、2019年11月での中途採用は1職種(外食コンサルタント(飲食店経験者))しかありません。しかもこのポジションの雇用形態は契約社員です。

サントリーでは現段階では積極的に中途採用を行っていません。急な欠員が出た場合や、人手が足りないので増員する、といった事情がない限り募集を行わないのでしょう。サントリーへの転職を希望する人は、転職を実現させるには狭き門であることを認識してください。

サントリーグループの募集状況

サントリーには300社近くのグループ企業があります。グループ企業では中途採用を積極的に行っている企業もあり、現在17社で中途採用を行っています。グループ企業でもとにかくサントリーに転職したい、という人であればグループ企業への応募を検討するのも一つの手段かもしれません。
※https://www.suntory.co.jp/recruit/group/

サントリーが求める人材とは?

サントリーが採用したいのはどのような人物像なのでしょうか。

サントリーは社員ひとりひとりの個性を重視する「全社員型タレントマネジメント」、「ダイバーシティ」を推進する企業ですので、どのようなキャラクターの持ち主でも幅広く受け入れる土壌があります。 しかしやはり創業者の「やってみなはれ」の精神が浸透している企業で。チャレンジ精神にあふれ、目標達成意欲の強い人材を求めています。

上記に加え、サントリーではグローバル化を推進しているため、グローバルな環境に対応可能な人材であれば有利に選考が進められるでしょう。

サントリーの選考プロセス

サントリーの選考プロセスは、書類選考、適性検査、面接3回(ポジションによって回数が変化)、という流れです。大手企業の選考プロセスとしては一般的と言っていいでしょう。ちなみに適性検査はC-GAB(テストセンターで受検する形式)が実施されるようです。

サントリーに転職するために転職エージェントを活用すべき理由

サントリーへの転職はかなり狭き門です。しかし実現する可能性はあります。可能性を高めるもっとも有効的な手段は「転職エージェント」です。なぜサントリーに転職するために転職エージェントが有効なのか、その理由を説明します。

非公開求人を扱っている可能性がある

現在(2019年11月時点)、サントリーがオープンに行っている採用ポジションは一つですが、「オープンにしたくない」「コンフィデンシャルなポジション」の募集、いわゆる「非公開」の募集を行っているかもしれません。そ

の際には必ず転職エージェントに募集を依頼します。もっとも有効な採用手段だからです。そのような「非公開求人」の情報をキャッチするには転職エージェントへの登録は有効です。

インフォーマルな情報を教えてくれる

上記と関連しますが、転職エージェントには一般に知られていない企業の戦略や外部からはわかりにくい情報、例えば人間関係に関する情報なども入ってきます。このような情報は転職活動に必ず役立ちますし、選考に合格するために有効な情報(面接に関する傾向や情報)なども得られるでしょう。

企業と交渉をしてくれる

もし選考が進んだ場合、応募者が企業と直接行いにくい交渉事が多々発生します。例えば面接日時の調整、内定後の待遇面の交渉、入社日の調整などです。

自己応募であれば選考は企業の主導で進めるため応募者の思う通りに選考を進めることができませんが、転職エージェント経由の応募であれば、自身の希望を伝えた上で企業との交渉を任せることができます。

おすすめの転職エージェント、転職サイト

サントリーへの転職を実現するために、おすすめの転職エージェントと転職サイトを紹介します。転職エージェントや転職サイトを利用する際は、ぜひ複数のサービスを利用して下さい。少しでも可能性や選択肢を広げるためです。

おすすめの転職エージェント

サントリーに転職するためにおすすめの転職エージェントは、業界内で大手と呼ばれている転職エージェントです。サントリーが転職エージェント経由で募集を行う際には、まずは大手転職エージェントに依頼する可能性が高いからです。

具体的には、

リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ doda
doda https://doda.jp/
パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/
といった転職エージェントです。

おすすめの転職サイト

次におすすめの転職サイトです。サントリーに転職するために会員登録すべき転職サイトは「多数のヘッドハンターからスカウトが受けられる転職サイト」です。優秀なヘッドハンターは独自のネットワークを持っていることが多く、大手企業の採用キーマンと懇意にしているヘッドハンターも多数存在します。

下記の転職サイトに登録すればサントリーとのネットワークを持っているヘッドハンターからスカウトを受けられるかもしれません。

ビズリーチ https://www.bizreach.jp/
キャリアカーバー https://careercarver.jp/

サントリーへ転職するチャンスを広げるために、まずは会員登録してください。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 三菱商事に転職するためには?実現するための3つのポイント

  • 日本マイクロソフトへ転職するために最も有効な手段とその活用法を紹介します

  • ヤフーに転職するためには?特徴と転職成功ポイント

  • ZOZO(旧:スタートトゥデイ)に転職するには?今後の展望も含め解説します

  • 日本航空(JAL)への転職を実現する3つのポイントとは

  • トヨタ自動車に転職するためには?特徴と転職成功ポイント