1. 転職マニア
  2. 転職
  3. フリーターの転職
  4. 女性フリーターでも転職は大丈夫?転職に成功するための5つの方法

女性フリーターでも転職は大丈夫?転職に成功するための5つの方法

フリーターの転職   338 Views

女性フリーターで転職に関して悩んでいる方は多いです。結婚や妊娠や人間関係など、女性特有の悩みで転職先が決まらない方もいるのではないのでしょうか。

この記事では女性フリーターが転職に対して思うことや実際の成功例をもとに、女性フリーターが転職で意識すべきポイントをご紹介します。

女性フリーターが転職に思うこと

まずは女性フリーターが転職に対して感じる悩みをチェックしてみたいと思います。

将来に向けて給与の高いところで働きたい

誰でも給与の高いところで働きたいと考えるものですが、特に女性はその思いが強い方も多くいます。やはり一番気にかかるのは結婚や妊娠、育児にかかる費用でしょう。幸せな生活を送っていくためには、どうしてもお金が掛かります。

愛する家族と安定した生活を送っていくためにも、早いうちから貯金をしておきたいという女性は非常に多いです。ただ給与だけを見て転職活動を進めると、いわゆるブラック企業に転職してしまう可能性が出てきてしまいます。

ブラック企業の求人によくある傾向として、未経験などであるにも関わらず、相場に比べて給与が非常に高いというものがあります。求人で給与の高さだけを見て転職し、実際に働いてみると残業だらけで精神的にボロボロになるといったケースが増えています。

ですので焦って求人情報を鵜呑みにするのではなく、最初は給与が低くても実績を出して待遇を良くする、企業をちゃんとリサーチする、というように時間をかけて高い給与を手に入れる道を選んで行くのがおすすめです。

女性が働きやすい職場が良い

企業によっては男性比率が多く、女性が少ない職場だと安心して働けないという方も居るでしょう。また企業の中には女性の実績を評価せず、男性を優遇する企業も残念ながら存在しています。

現在では女性の社会進出も当たり前のこととなりつつあり、女性でも働きやすい環境を作っている企業も多数あります。しかし前時代的な男尊女卑が横行している企業も多いため、焦ってすぐに転職すると、そういった企業に転職してしまうおそれがあるので注意が必要です。

今いる企業をすぐに辞めたい、無職なのが不安という焦りから、求人情報だけで転職先をすぐに決めてしまうのはあまり良くありません。焦る気持ちは分かりますが、時間をかけて企業をリサーチし、安心して働ける職場かどうかを判断したうえで転職先を見つけていくのが上手な転職のコツです。

企業のリサーチに関する詳しい情報は後の項目で詳しく解説しますので、そちらも合わせてご一読ください。

人間関係で苦労しないで働きたい

人間関係も誰しも良好な場所で働きたいと思うのが本音です。女性の場合異性の目はもちろん、同性のネチネチとした噂話や嫌がらせが怖いという方も多いのではないのでしょうか。

ただ実際に働いてみると、そこまで嫌がらせをしてくるような同僚というのは多くありません。なぜなら効率よく仕事を進めるためには、同僚と上手に協力していかなくてはならないからです。

仕事以外まで仲良くならなければいけないわけではありませんが、少なくとも仕事上では協力関係にあった方が仕事も円滑に進み、結果的に自分の利益に繋がる可能性が高くなるのです。

それを捨ててまで他者を貶めるような同僚は、他の方からも疎まれていることも多く、気にしないのが一番です。常識的な対応をしていれば、同僚から嫌われるということはありません。ですので安心して新しい企業に飛び込んでいってみてください。

女性フリーターが転職に成功した例

次は実際にフリーターから正社員になった女性の成功例をご紹介します。

24歳女性の場合

Aさん
「新卒で就職した企業を辞め、去年まで飲食店でアルバイトをしていました。ただ飲食店で接客するにもストレスが多く、精神的にも限界が近かったのかもしれません。

給料も高いわけじゃないし、それならと思い接客に関係ない仕事を目指そうとしたのが転職のきっかけでした。

前に勤めていた会社ではパソコンをよく使っていたため、パソコンが使えれば転職できると聞いた事務職への入社を目指しました。ほぼ未経験だったのですが入社することができ、研修で仕事内容をしっかり教えてもらえたので、仕事に慣れるのは早かったと思います。

来客や電話対応もありますが、ほとんど他企業の方が相手なので、飲食の時のようなストレスを感じずに対応できています。今では簿記やMOSといった資格勉強をしています。資格を取ると給料も高くなるそうなので、しっかり勉強して、これからの仕事に活かしていきたいと思っています。」

新卒の企業を辞めてフリーターとなり、未経験の企業に入社して、資格取得で待遇を良くしようとしている方の例です。未経験でも入社しやすい業種は最初こそ給与が低いものの、自分の努力次第で給与や待遇を高めることができます。

そもそも正社員の方がフリーターよりも給与が高い場合が多く、社会保険などのメリットもあります。年齢が若いほど転職は成功させやすいので、若いうちから正社員としての経験を積み、将来に向けて働いていくようにしましょう。

35歳女性の場合

Bさん
「派遣で工場のライン作業をしていたのですが、以前から付き合っていた方と結婚することになり、派遣から正社員を目指すことにしました。

とはいえずっと派遣として働いてきていたので、アピールできるスキルが無く、自信がなかったので資格勉強をしてから仕事を見つけようと思ったのです。

私は元々パソコンが苦手だったのですが、、今の時代はパソコンが使えないと不便かなと思い、パソコンの勉強もしつつ、プログラミングの勉強もしました。

最初は不慣れなパソコンで操作ですら手間取っていたのですが、慣れてくるととても便利ですし、プログラミングもできるようになると自分の好きなものを作って楽しめるので、どんどんハマっていきました。

資格の方もC言語の認定試験や情報技術者試験を受けて合格でき、安心して転職に臨めるようになりました。空白期間はありましたが、面接では資格勉強など転職のための準備をしていたことを伝えると、面接官の方も納得してくれて、希望の企業にスムーズに入社することができました。

自分が作ったプログラムが世の中になっていると思うと、やりがいがあって楽しめているので勉強してから転職して良かったです。」

この方は転職前に転職したい業種の勉強をしておき、そこで得た知識やスキルを活かして転職しています。

転職ではスキルがあって即戦力になる人材が求められているので、何もスキルが無いよりも、空白期間に勉強をしてから転職活動を進めた方が、採用される確率は高くなるでしょう。

その中で簡単にアピールできるのが資格です。資格があれば履歴書に書いてあるだけで、知識があることが分かるため、自分のアピールにも信憑性が増します。

資格取得で空白期間ができても、ちゃんと説明すれば面接官の心証を良くすることができるので、転職の準備として先に資格取得を目指すのも良いでしょう。

43歳女性の場合

Cさん
「結婚を機にパートで働いていました。子供も自立し、十分な時間ができたのパートを辞めてお金を稼いで趣味を充実させようと思ったのが、また働こうと思った理由です。

前は食品メーカーで製品の企画をしていて、またそういった類の仕事がしたいと思っていましたが、私が働いていた頃とは、時代もトレンドも違うので付いていけるかどうか不安でした。

ただ面接で前職の話をしたところ、昔のブームが再燃することも多いし、そういった知識を持っている方はありがたいと言ってくれて、そのまま採用してもらえました。

ユーザーがどういったものを求めているのか、そのニーズを見つけ出すスキルはそこまで錆びついておらず、新入社員でありながら私を頼ってくれる人も多くて、とても働きやすい環境です。

今ではお金にも余裕ができて年に3回は旦那と旅行に行っています。趣味がかなり充実しているので、転職して正解だったと思います。」

転職は若い方の方が確かに有利なのですが、だからといって年齢を重ねた方が転職できないということはありません。先ほども紹介したように、転職活動では今までの経験やスキルが評価されるため、年齢を重ねて得た経験をアピールすれば、十分転職することが可能なのです。

ブランクがある仕事でも、働き続けるとすぐに勘を取り戻せるものです。年齢を重ねている方は若い転職者にない経験を積極的に武器にし、若い転職者に負けないようにしてください。

女性フリーターが転職で意識すべきポイント

女性フリーターが転職を成功させるには、何を意識するのが良いのでしょうか。ここからは女性フリーターが転職で意識すべき6つのポイントを解説します。

職場環境や待遇を徹底的にリサーチする

女性の場合は特に企業へのリサーチが重要です。そもそも転職活動において企業をリサーチすることは非常に重要で、リサーチをかけて詳しい仕事内容や職場環境を把握し、それに納得した企業を目指すのが転職を本当の意味で成功させる秘訣となります。

でないと企業をすぐに辞めて再び転職活動をする負のループに陥ってしまいます。これは焦って求人だけを見て転職先を決めてしまった方に多く見られます。

すぐに転職することも大切ですが、時間をかけて企業を吟味すれば、それだけ長く働ける企業に転職できる可能性が高くなるので、企業をリサーチすることは転職においてとても大切なことなのです。

女性は特に出産や育児で休暇が申請できるのかが大きなポイントとなるでしょう。企業の中には産休や育休が取得できない、取得しても復帰後に白い目で見られるといった企業が残念ながら存在しています。

そういった企業に転職しないためにも、企業をしっかりリサーチして後悔しない転職を心掛けるようにしてください。

アルバイト歴を積極的に活用する

転職では学歴などよりも、今までの経験からどんなスキルや知識を持っており、それをどう仕事に活かすことができるかが評価の対象となります。

そのために大切なのが職歴です。一般的なイメージとして正社員の職歴しか履歴者に記載できないように思われていますが、実際にはアルバイト歴も履歴書に記載して問題ありません。

アルバイトでも知識やスキルを磨くことは十分できるため、フリーター時代に得た経験を積極にアピールして、内定を勝ち取りましょう。

ただ気を付けたいのは短い職歴はマイナス評価になる恐れがあるということです。企業としては長く働いてくれる人材を求めているため、短い職歴が多い転職者は仕事をすぐ辞めるイメージがついてしまいます。

そうなると採用率が落ちてしまい、転職できる可能性が低くなってしまうのです。ですので最低でも3ヶ月以上働いた職歴のみをアピールし、それ以下の職歴はよっぽど強いアピールポイントが無い限り使わないようにしましょう。

資格やスキルをアピールする

先ほども紹介したように、資格やスキルは転職において強いアピールができる材料です。スキルは自分がアピールしたことに対して、裏付けのあるエピソードが必要になりますが、資格は履歴書に書いてあるだけで評価される便利な代物です。

資格+その時のエピソードを付随すれば大きなアピールとなり、採用を左右する大きなポイントとなるので、利用できる資格は積極的に利用していくと良いでしょう。

もちろん転職に向けて資格を取得しておくのも転職に有効な手段です。資格勉強に集中したくて空白期間が生まれても、転職に対して熱意があると評価され、面接官の心証が良くなります。

転職を円滑に進める準備として先に資格を取得しておき、それから転職を目指すという急がば回れの精神で転職を進めることも頭に入れておくと良いでしょう。

嘘は絶対につかない

履歴書や面接で絶対にやってはならないのが、自分をアピールするときに嘘をつくことです。バレなければ良いと思う方も居るかもしれませんが、転職活動の中でついた嘘は高確率でバレます。

なぜかというと履歴書に書いてある内容、アピールしたいポイントなど、面接官は目に付くポイントに対して必ず質問をしてきます。

嘘をつくということは、それだけ面接官の目に留まりやすいポイントをごまかしたいということであるため、嘘をついたポイントに対して質問が飛んでくる可能性は非常に高いのです。

当然嘘ですので、深い質問をされると答えに詰まってしまいます。スラスラ言えたとしても面接官に違和感を与えてしまうでしょう。

そうすれば面接官は口には出さなくても、転職者が嘘をついたことを悟ります。そうすれば当然面接官の心証も最悪のものとなり、採用される可能性はほぼ0になってしまいます。

それならばどんなにネガティブなことも、最初から正直に答えていれば面接官の心証を悪くすることはありませんし、上手に変換できればむしろ心証が良くなります。

このようにどんなことも最初から正直に答えた方が面接では無難なので、絶対に嘘はつかず、どんなことも正直に企業に伝えるようにしてください。

希望する条件はある程度妥協する

女性転職者で転職がうまく行かない方の共通点として、希望している条件の理想が高すぎて、自分の条件に合う企業が見つからないというものがあります。

確かに自分にとって譲れない条件を設定するのは良いのですが、条件の数が多かったり、あまりにも理想が高すぎたりすると求人の選択肢を狭め、転職が長引いてしまうことが多いので気を付けなくてはいけません。

特にフリーターからのスタートだと、よっぽど高い実績やスキルが無い限り、高い理想や条件に合致した企業にいきなり転職するのは難しいです。

そんな時は条件をある程度妥協し、求人の選択肢を増やしていくのがおすすめです。譲れない条件を1つに絞ることで求人の幅が広がり、転職できる可能性も高くなります。

そして入社後努力をしてスキルを磨き、実績を残せば最初の理想に合った条件の企業にキャリアアップすることも可能となるでしょう。

最初から全ての条件を求めるのではなく、条件を1つだけ設定して、それから希望に近い待遇を手に入れていくのが上手な転職のコツとなっています。

転職サイトを利用する

転職サイトは無料登録することで、転職エージェントのサポートを受けられるサービスです。転職活動に不安を感じる女性フリーターでも、自分に合う求人の紹介、履歴書や面接でのコツ、企業のリサーチなどさまざまなサービスを受けられるため、安心してスムーズに転職活動を進めることができます。

インターネットさえ使えればスマホでも転職活動ができるので、働きながらで時間がない方でも転職したい企業を吟味することができます。

フリーターが使用しやすい転職サイトは、こちらの記事で詳しく解説されています。ぜひ参考にして、自分に合った転職サイトで転職を成功させてください。

まとめ

女性フリーターでもコツをしっかりおさえていれば、どんな年代の方でも転職を成功させられることが分かりました。

給与の高い企業や女性でも働きやすい環境で仕事がしたい場合、しっかり企業をリサーチすることで、ブラック企業に転職するリスクを抑えながら、自分が働きたいと思った場所に転職できる可能性が高くなります。

その他にもアルバイト歴や資格をアピールする、転職では嘘をつかない、希望する条件を妥協するなどといったポイントをおさえれば、よりスムーズに順風満帆な社会人生活が送れるようになるでしょう。

転職で大事なポイントをしっかり頭に入れて、仕事も生活も充実したキャリアライフを手に入れてください。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • フリーターが転職に成功するには?フリーターが間違えがちな転職の成功法

  • フリーターと正社員の違いとは?正社員になれる6つの転職法

  • フリーター就職サイトおすすめランキング

  • 未経験でも大丈夫?フリーターから正社員になる秘訣

  • フリーターよりも仕事で稼げる!正社員に転職する方法とは

  • フリーターが活用すべき転職エージェント4選